logo

ゲッティ イメージズ : ライオンズゲートと提携

オスカー候補映画“3:10 To Yuma”(邦題:決断の3時10分)を皮切りに
ライオンズゲートはゲッティ イメージズに対してライセンス付与を開始。
サウンドトラックのライセンス契約もこれに続く予定。

ビジュアルコンテントその他デジタルメディアの世界的なトップクリエーターであり配信元であるゲッティ イメージズは、独立系映画製作・配給会社ライオンズゲート社(Lionsgate)との提携を発表いたしました。その内容はライオンズゲート社の映画およびサウンドトラックを、ゲッティ イメージズの音楽ライセンスビジネスを通じて商用ライセンスに共用するものです。最初のライセンスはライオンズゲート社のヒット作品であるアカデミー賞候補作品“3:10 To Yuma”(邦題:決断の3時10分)になります。サウンドトラックは、ユニークさで有名なマルコ・ベルトラミ氏(Marco Beltrami)によるもので、彼の初のオスカー候補作品です。

「漸進的でサスペンスに満ちた“3:10 To Yuma”(邦題:決断の3時10分)並びにライオンズゲート社とのオリジナル音楽コンテンツ関連の提携により、音楽ライセンス分野を多様性のあるものにすることができることでしょう。」とゲッティ イメージズの副社長 ニック・エヴァンズ-ロム(Nick Evans-Lombe)は述べています。昨年のPump Audioの取得に始まりサウンドトラックの立ち上げに至るまでの行程でゲッティ イメージズは音楽並びに音楽ライセンスに多大な投資を行いました。その結果、今日のクリエイターが必要とするすべてのコンテンツを提供することが実現できます。
ライオンズゲート社社長のジェイ・フェアーズ(Jay Faires)(音楽/出版担当)は、「クリエイターは、ゲッティ イメージズが提供するサウンドトラック用ツールで、多岐にわたるライオンズゲートのエキサイティングな音楽ライブラリーの中から簡単に必要なものを探し出し、ライセンスを取得し利用できるようになります。また、ゲッティ イメージズのホームページには毎月4百万人ものビジターがあり、弊社の音楽をゲッティ イメージズに提供することで、弊社製品に対するコンシューマーのアクセスも飛躍的に増大するでしょう。今回の提携で、成長する音楽ビジネスに対応する先端テクノロジーを駆使してユニークな関係を構築することとなりました。」と述べています。

商用利用に拡張したオンライン音楽を提供するゲッティ イメージズの取り組みの一部として、人気のあるアーティストや音楽がミュージックコレクションに間もなく追加される予定です。近日中にライセンス追加予定の音楽コンテンツとしてはライオンズゲート社制作の人気TVドラマ(AMC放映)「 “Mad Men” マッドメン」 並びにショータイムで人気のTVコメディ「“Weeds”ウイーズ」、ここではオープニングテーマソングとしてクラシック「リトルボックス」を採用し多彩な人気アーティストが登場します。またライオンズゲート社制作のアカデミー賞受賞作品「“Crash”クラッシュ」及び「“Monster’s Ball.”モンスターズ ボール」からの音楽等を予定していています。
リンク

<ライオンズゲートについて>
ライオンズゲート社は映画、テレビ番組、ホームエンターテインメント、ファミリーエンターテインメント、ビデオ・オン・デマンドおよびデジタル配信コンテンツ関係の独立系制作会社および配信会社。約12,000本に及ぶ映画およびテレビ関連を含む大量の一流ライブラリーは安定した経常利益をもたらす源泉となっており当社の中核ビジネス成長の基盤でもあります。ライオンズゲート社の商標名は世界市場の中で独創的な、大胆なまた高品質のエンターテインメントの代名詞となっています。 リンク

<ゲッティ イメージズについて>
ゲッティ イメージズは、世界中のコミュニケーションプロフェッショナルに向けて、最大で最適なスチル写真・動画コレクション、マルチメディアプロダクト、そして音楽を含めたデジタルコンテンツを制作・提供する、世界有数のイメージコンテンツプロバイダー。スポーツやニュースなどの報道写真から、歴史資料的イメージやコンテンポラリーなイメージにまでおよぶゲッティ イメージズの製品は、新聞、雑誌、広告、映画、テレビ、書籍、ウェブサイト等、あらゆるメディアで日常的に利用されています。ゲッティ イメージズのウェブサイト(リンク)は、その優れたコンテンツ群から、多くのクリエイター達にイメージの検索・購入先として支持されています。ゲッティ イメージズは、ワシントンのシアトルに本社を構え、100ヶ国を超える国々に顧客を有するグローバルカンパニーです。詳しくは、ゲッティ イメージズのキャンペーンページ: リンク をご覧下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事