お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

企業向けセキュリティソリューションの強化について

~「協調型セキュリティ」の確立に向けて~

NECは、企業の情報資産、ビジネス、企業価値などを守るためにセキュリティマネジメントを重視した企業向けのセキュリティソリューションを大幅に強化し、本日より販売活動を展開してまいります。

従来、多くの企業では複雑化・多様化するセキュリティの脅威に対し、PC、サーバ、シンクライント、ネットワークなどの機器やシステムごとにセキュリティ対策を実施してきましたが、より安全な企業活動を維持するために、業務システムやオフィス環境まで含んだ一貫性のあるセキュリティ管理がこれまで以上に必要となってきております。
こうした状況を踏まえ、このたび当社が提唱する「協調型セキュリティ」(注1)の確立に向け、以下を行うこととしました。

1. セキュリティマネジメント関連新製品・サービスの発売
2. シマンテック社とのセキュリティコンサルティング領域での協業
3. ソフトウェアのパートナー制度「InfoCage WORKS」の拡大

主な強化内容は以下であります。

1. セキュリティマネジメント関連新製品・サービスの提供
協調型セキュリティの中核製品となる「InfoCage セキュリティリスク管理」や統合ID管理ソフト「WebSAM SECUREMASTER」シリーズの発売、および脆弱性診断サービスの提供。
1) InfoCage セキュリティリスク管理
既存のPCやサーバなどのプラットフォームを脅威から守る製品群と連携してセキュリティのレベルを可視化し、適切なポリシー適用を自動的に指示する機能を提供。

2) WebSAM SECUREMASTER
日本企業でID管理に求められる兼務職、定期一斉人事異動に対応し、SI作業を大幅に削減するユーザ情報登録機能などを提供。

3) 脆弱性診断
Retina Network Security Scanner(注2)の利用により、企業のコンサルティングサービス内容を拡充。

2. シマンテックとのセキュリティコンサルティング領域での協業
全世界で約1,000人のセキュリティコンサルタントを擁する株式会社シマンテック(日本法人:東京都港区、代表取締役社長:木村 裕之、以下シマンテック)とセキュリティコンサルティングで協業することに合意。同社のグローバルな経験とノウハウを活用したセキュリティコンサルティングサービスやセキュリティポリシーの管理、アプリケーションおよびネットワークに関する脆弱性や脅威の診断などを提供。またシマンテックと協力してコンサルティング・アドバイザをNECグループ内に養成し、2009年度までに250名に増員予定。
3. ソフトウェアパートナー制度「InfoCage WORKS」の拡大
ジュニパーネットワークス株式会社、富士ゼロックス株式会社、マイクロソフト株式会社の3社が、ソフトウェアパートナー制度「InfoCage WORKS」に新たに加入。これにより、それぞれSSL-VPN機器(注3)、プリントセキュリティ、IRM技術(注4)とInfoCageとの連携・協調を実現。
さらに、製品開発に加え、販売協業を目的としたパートナー制度を新設。これによりパートナー各社はチャネルを活かした提案・販売・構築・保守提案を行うことができ、自社製品への組み込み、自社ブランドとして製品を販売することが可能となる。

現在、企業のセキュリティ対策は、個人認証や入退出管理などのフィジカルセキュリティから情報漏えいや不正アクセスの防止にいたるまで守るべき対象の範囲が拡大しており、かつ複雑化しております。こうした状況のなか、組織全体としてのセキュリティレベルの向上と利便性の高いシステム構築を両立したいという気運が高まっております。
NECではこうしたニーズに対応するため、従来から提唱している「協調型セキュリティ」で、マネジメントする領域を拡大するとともに、パートナーとの連携強化を進めてまいります。NECは、今後3年間で「協調型セキュリティ」関連ビジネスで売上600億円を目標に事業を展開してまいります。

このたび発売する製品の希望小売価格および出荷時期は以下の通りです。

InfoCage Management シリーズ
InfoCage セキュリティリスク管理 218万円~
(500ユーザ~) 9月28日

InfoCage Fileシリーズ
InfoCage ファイルセキュリティ 11,000円~
(1ユーザ~) 10月29日

統合アクセス管理ソフトウェア
WebSAM
SECUREMASTER/EnterpriseAccessManager 235万円~
(500ユーザ~) 10月15日

統合ID管理・IDプロビジョニングソフトウェア
WebSAM
SECUREMASTER/EnterpriseIdentityManager 150万円~
(500ユーザ~) 10月15日

NECでは、本年10月24日から26日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「Security Solution 2007」に関連製品・サービスを出展いたします。

今回の発表に株式会社シマンテックから以下の賛同コメントを頂いております。

株式会社シマンテック 代表取締役社長 木村 裕之
株式会社シマンテックは、このたびのNECによるセキュリティ事業の強化および、コンサルティング分野における弊社との協業に心より賛同いたします。今回の協業を通じて、NECにおけるセキュリティビジネスの拡充と推進に貢献できることを大変光栄に思っております。シマンテックは今後とも、自社のグローバルなネットワークに基づくコンサルティングサービスと、NECにおける国内の顧客に対する実績のある質の高いサービスとの組み合わせがもたらすシナジー効果を活用し、より優れたセキュリティサービスの提供に注力してまいります。

用語解説

(注1) 「協調型セキュリティ」
PCやサーバ、ネットワークなどそれぞれのセキュリティ機能を相互にかつ自動的に連携させることで、システムのセキュリティを強化するコンセプト。個々にセキュアなIT/ネットワークインフラを構築する「プラットフォームセキュリティ」、統合的にセキュリティレベルを可視化する「セキュリティマネジメント」、全体的にセキュアなシステムを構築する「システムセキュリティ」の3領域で構成。

(注2) Retina Network Security Scanner
米国eEye社の脆弱性診断ツールの名称。

(注3) SSL-VPN機器
UNIVERGE SecureBranchとの連携・協調に加え、ネットワークアクセスコントロール(NAC)市場における製品を拡充。

(注4) IRM技術
マイクロソフト社のIRMと連携・協調する「InfoCage ファイルセキュリティ」を新たに発売。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。