logo

セカンドライフ内に、業界初のショールーム&コミュニティスペースを設置

岡崎産業株式会社 2008年02月27日 12時00分
From DreamNews

このたび岡崎産業では、今、話題の「セカンドライフ」の日本人居住区MagSLTokai内に、業界初のショールーム&コミュニティスペース設置を決定。3月3日(月)AM.10:00いよいよ「OkazakiP-Museum」(岡崎ピーミュージアム)を開設いたします。

このたび岡崎産業では、今、話題の「セカンドライフ」の日本人居住区MagSLTokai内に、業界初のショールーム&コミュニティスペース設置を決定。3月3日(月)いよいよ「OkazakiP-Museum」(岡崎ピーミュージアム)を開設いたします。

セカンドライフはご承知のように、仮想世界内に土地を取得し、自由に建物などを作り、さらに商取引などもリンデンドルという通貨で自由に行うことができるオンラインサービスの一種です。登録会員はアバターとしてセカンドライフ内でのショッピングをはじめとするさまざまな行為を行うことができます。

パチスロ機メーカーとして永い歴史と実績を有する当社では、このセカンドライフ内のMagSLNishikiに2区画の土地を取得し、新機種のプレス向け発表会や歴代のパチスロ機情報を展示した企業施設「MuseumHall」と、最新のパチスロ機情報やパチスロ仲間との交流の場として「P-Land」を開設し、セカンドライフにおけるさまざまな実験的取り組みをスタートさせます。

具体的には「MuseumHall」1階に、当社の開発してきた歴代のパチスロ機の展示コーナー、2階にパチスロ関連グッズやキャラクタースキンなどをプレゼントするキャラリーコーナー、さらに3階には新製品のプレス向け発表会を行うプレゼンテーションルームなどを設置いたします。

隣接の「P-Land」では、1階にアミューズメントコーナーを開設し、パチスロ実機のモックを設置し、ミニゲームを体験してもらうコーナーを用意。その他に機種別攻略掲示板や、設置店情報掲示板などを設け、パチスロファンのコミュニケーション広場として活用していただくことを想定しています。また、このアミューズメントコーナーを訪れ、パチスロ機で遊ぶことによって、リンデンドルを手に入れることができるなどの魅力付けもされています。


今後もさまざまなイベント開催に向けて、鋭意コンテンツの開発などを進行させてまいりますが、当社ならではの従来の枠にとらわれぬ柔軟で具体的な独自性とチャレンジ精神を生かし、常にお客様の信頼と要望に応えることができる、個性的、機能的かつオリジナリティあふれるコンテンツを目指しております。

また当社の社是であります「信頼される人間」「信頼される商品」「信頼される会社」を、セカンドライフ内においても忠実に遵守し、「暮らしに夢を与える物づくり」の精神で皆様のご要望にお応えしてまいりたいと思います。

今後とも、何卒皆様方のご理解・ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。