logo

京セラコミュニケーションシステム、 コンフィグレーション(設定)監査システム「Ecora Auditor Pro.」の VMware ESX Server 3.0管理モジュール 日本語対応版を提供開始

~ 仮想および物理OS・データベース・ミドルウェアのマルチプラットフォームを一元管理 ~

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 森田直行 以下KCCS)は、Ecora Software(本社:米国 社長 兼 最高財務責任者 マイケル・サリバン 以下Ecora社)製のコンフィグレーション(設定)監査システム「Ecora Auditor Pro.」の VMware ESX Server 3.0管理モジュール 日本語対応版を2月22日から提供開始することを発表致します。


近年、地球環境に配慮したIT基盤の構築を実現する“グリーンIT”が注目されています。こうした中、IT資源の有効活用を実現する上で核となる技術が『仮想化』です。仮想化技術については、すでに多くのソリューションが提供され、多くの企業で利用されています。しかし、仮想環境と実環境が混在したOS・データベース・ミドルウェアのマルチプラットフォームを効率的に管理・運用することが、大きな課題となっており、仮想環境へのスムーズな移行や、仮想環境と実環境の効率的な管理・運用が実現できる、利便性の高いソリューションが求められています。


この課題を解消するために、米国Ecora社製コンフィグレーション(設定)監査システム「Ecora Auditor Pro.」のVMware ESX Server 3.0管理モジュールを、KCCSが日本語化し提供開始致します。VMware ESX Server 3.0管理モジュールにより、現在Ecora Auditor Pro.によって管理されているOSやデータベースなどのミドルウェアに加え、仮想化ソフトの分野で大きなシェアを誇るVMware ESX Serverのセキュリティ設定、仮想化環境のパーミッション設定などの設定情報をリモートから管理することが可能となります。


これにより、仮想環境と実環境の混在するOS・データベース・ミドルウェアのマルチプラットフォームの設定を「Ecora Auditor Pro.」で一元管理でき、仮想化技術によって複雑化するシステム環境の管理・運用を簡素化できます。また障害対応およびシステム構築時の設定確認もスムーズに行えるようになります。


名      称 Ecora Auditor Pro. VMware ESX Server 3.0管理モジュール
日本語対応版
料 金 (税抜) ≪永久ライセンス≫
1サーバ:245,000円(年間保守費:49,000円)
≪マンスリーライセンス(月額)≫
1サーバ:30,000円、10サーバ:270,000円、100サーバ:2,400,000円
※仮想環境の場合は、仮想OS単位でライセンスが必要です。
販 売 目 標 1億円(年間)


今後もKCCSは、企業におけるIT統制の実現を支援する内部統制ソリューションを提供すると同時に、「情報資産」「ユーザ情報」「ポリシー」といった3つの観点から、アクセスコントロールとコンフィグレーションマネジメントを実現するためのセキュリティソリューションの強化を積極的に展開して参ります。


■「Ecora Auditor Pro.」について
「Ecora Auditor Pro.」は、エージェントレスでリモートから設定情報を収集し、管理を行うソフトウェア製品です。社内システムの設定管理・変更管理の一元管理を行い、セキュリティポリシーと照らし合わせることによりシステムが適正な状態にあるかを監査することが可能です。収集した設定情報を基に変更履歴・標準比較など様々な視点でレポーティングが行えるため(レポート形式は900種類以上)、監査・システム運用のコストと時間を劇的に軽減することができます。米国では、過去5年間で3,500社以上の企業に導入され、米国SOX法やITIL*1などのコンフィグレーション(設定)管理のコア情報の収集としては卓越したソリューションです。


■「Ecora Auditor Pro.」の検査対象について
UNIX、Windows、Ciscoをはじめ多くのプラットフォームに対応。大規模ネットワークに接続された多種多様な機器の設定情報を、シングルコンソールで、一元管理が可能です。収集したデータは、オラクル、マイクロソフトSQL Server(もしくは MSDE)に格納。監査、報告、障害復旧、構成変更のトラッキングなどに利用できます。


[検査対象OS]
Cisco、Citrix MetaFrame、Novell NetWare、Windows、UNIX、Sun Microsystems Solaris、IBM AIX、HP-UX、RedHat Linux、SUSE Linux


[検査対象アプリケーション]
Active Directory、Lotus Domino Server、Exchange Server、IIS、SQL Server、Oracle、VMware ESX Server、DB2


■Ecora Softwareについて
 Ecora社は、1999年の設立以来、ITインフラの管理を効率化するための管理ソリューションを提供し続けるトータルコンフィグレーションマネジメントのリーディングカンパニーです。また、トータルコンフィグレーションマネジメントや、パッチ管理の分野において多くのアワードを受賞しています。全世界3,500社がEcora社のコンフィグレーションマネジメントソリューションを導入し、その多くの企業が企業コンプライアンスの確立を目指しています。


*1 イギリス政府が策定した、コンピュータシステムの運用・管理業務に関する体系的なガイドライン。


*製品名及び会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事