logo

【グルプロ社MRR事業部】 2006年は約750億円市場にまで成長!?「携帯電話ゲームの最新動向3」 販売を開始

報道関係各位

2008年1月16日
グルーヴプロモーション株式会社(旧株式会社ナノプロ)
MRR事業部
リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――――
グルーブプロモーション(旧ナノプロ)MRR事業部、

「携帯電話ゲームの最新動向3」販売を開始

~ミニ・ゲームの普及でユーザ層が拡大~

詳細はこちら⇒ リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■概要■■
IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR (運営会社:グルーヴプロ
モーション 【旧 株式会社ナノプロ】 代表取締役 森田裕行)は、携帯
市場のレポートで定評のあるエムレポートが制作した「携帯電話ゲームの最
新動向3」の販売を開始しました。


詳細はこちら⇒ リンク

■■要約■■

◆多くの利用があるミニ・ゲーム

現在のところ、携帯電話ゲームは二極化が進んでおり、大まかに大容量とミニ
・ゲームに分類できます。大容量ゲームではNTTドコモの「メガゲーム」に代
表される本格的なゲームで、コアなゲーム・ユーザ層である20~30代男性が圧
倒的多数を占めています。一方、パズルやテーブル・ゲームなどのミニ・ゲー
ムは空き時間に遊ぶことができます。そのため男女を問わず、ライト・ユーザ
層から幅広い支持を集め、非常に多くのユーザ数を獲得しています。

◆無料ゲームがユーザ層拡大に寄与

コンテンツ・プロバイダ各社は携帯電話ゲームの二極化により、大容量やミニ
・ゲームの提供に余念がありません。本格的な大容量ゲームを提供しつつ、
ユーザ層拡大からミニ・ゲームも提供するなど会員数拡大に躍起になっていま
す。一方、ディー・エヌ・エー(DeNA)の「モバゲータウン」に代表される無
料ゲーム・サイトの乱立も携帯電話ゲームの普及に大きな影響を与えました。

◆広告ゲームの提供もはじまる

携帯電話ゲーム市場の新たな動きとしては広告ゲームの提供開始があります。
ディー・エヌ・エー(DeNA)が2007年1月から「モバゲータウン」での提供を
開始しました。それを機にfonfun(旧ネットビレッジ)やアドウェイズ、
more communication、クレバとIT DeSignなどが後追いしています。

【キーワード】

◆2006年の市場規模は約750億円!!
モバイル・コンテンツ・フォーラムによれば、2006年における携帯電話ゲーム
市場の規模が前年比35.8%増となる748億円になったといいます。

◆ミニ・ゲームの利用広がる!!
ディー・エヌ・エーの「モバゲータウン」の人気に相まって、ミニ・ゲームや
無料ゲームの利用が広がっています。

◆無料ゲームは市場規模縮小に影響!!
無料ゲームの普及により、利用拡大の見込めるライト・ユーザ層が移行し、
携帯電話ゲーム市場の規模自体が縮小化していく可能性もあります。



【2.市場規模推移と予測(2002~2007年)】

◆2006年は約750億円にまで成長した携帯電話ゲーム

モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)によれば、2006年における携帯電
話ゲーム市場の規模が前年比27.0%増となる748億円になったといいます。
2006年には大容量ゲームに注力していた携帯電話事業者各社でしたが、2007年
に入ると、脳トレ系ゲームの流行もあり、ミニ・ゲームを利用するライト・
ユーザ獲得に向けた動きが強まりつつあります。



【目次/図表】
要約
キーワード

1.市場概況
 多くの利用があるミニ・ゲーム
  表:携帯電話ゲームの区分
 無料ゲームがユーザ層拡大に寄与
 広告ゲームの提供もはじまる

2.市場規模推移と予測(2002~2007年)
 2006年は約750億円にまで成長した携帯電話ゲーム
  図:携帯電話ゲーム市場規模の推移(2002~2007年、MCF調査/エムレポ
ート推定)
  表:携帯電話ゲーム市場規模の推移(2002~2007年)

3.携帯電話事業者の動向
 NTTドコモの動向
  携帯電話ゲームの月間市場規模は約40億円
  図:携帯電話コンテンツの月間市場規模推移(2006年9月~2007年8月)
  表:携帯電話コンテンツの月間市場規模推移(2006年9月~2007年8月)
  TOKYO GAME SHOW 2007で新作ゲームを披露
  表:TOKYO GAME SHOW 2007で披露された新作直感ゲーム一覧
  表:TOKYO GAME SHOW 2007で披露された新作メガゲーム一覧
  07年9月に携帯電話ゲームのプレゼント企画を実施
  表:DoCoMo GAME SHOW(第1弾)で対象となるゲーム
  07年4月に直感ゲーム対応FOMA 904iシリーズを発表
  表:直感ゲーム対応FOMA 904iシリーズ
 KDDI(au)の動向
  au内流通額トップの携帯電話ゲーム
  07年9月にEZアプリ(BREW)のゲーム・コンテンツを拡充
  表:TOKYO GAME SHOW 2007展示ゲーム一覧(キッズ・コーナー)
  表:TOKYO GAME SHOW 2007展示ゲーム一覧
  ガチャガチャ・キャンペーンの景品にFlashゲームなどを用意
  07年6月から吉本興業と共同キャンペーンを実施
  07年5月からファミ通ゲームチャンネルの配信を開始
 ソフトバンクモバイルの動向
  07年12月から高速オンラインゲームの提供を開始
  表:高速オンラインゲーム対応端末一覧
  表:高速オンラインゲームのコンテンツ一覧
  大容量ゲームは豊富な品揃え
  他事業者と同様に携帯電話ゲームが好調に推移
  07年3月からタダゲームの提供を開始
  表:タダゲーム開始当初の無料ゲーム一覧

4.主なコンテンツ・プロバイダの国内動向
 07年度上期のモバイル・コンテンツ事業は増収のスクウェア・エニックス
  表:モバイル・コンテンツ事業の半期別業績推移と予測(2006~2007年度)
  表:モバイル・コンテンツ事業におけるグループ会社
 バンダイネットワークスの動向
  07年度上期のコンテンツ事業は横ばい
  表:コンテンツ事業の半期別業績推移(2006~2007年度上期)
  表:2006/2007年度上期の3事業者に対する販売実績
  07年11月にJavaアプリ向け開発環境の開発を発表
  07年11月にバンダイナムコの完全子会社に
  07年7月に携帯機器向けゲーム開発環境の開発を発表
  07年5月から鉄道愛好者向け音声ゲームの配信を開始
  07年6月から直感ゲーム向け体感ゲームの提供を開始
  06年12月からお正月アプリを毎日追加配信
 ハドソンの動向
  07年度上期のNC関連事業は増収
  表:NC関連事業(ゲーム)の半期別連結売上高推移と予測(2006~2007年度)
  販売実績はNTTドコモ偏重傾向
  表:ゲームの月額課金者数推移と予測(2006年9月~2008年3月)
  表:モバイル版桃太郎電鉄シリーズの課金者数推移と予測(2006年3月~
2007年9月)
  表:iモードの着☆あぷ♪ボンバーマンの課金者数推移と予測(2006年3月~
2007年9月)
 サミーネットワークスの動向
  07年度上期のAM事業の売上高は前年同期比18%減
  表:AM事業の半期別連結売上高推移と予測(2006~2007年度)
  表:2006/2007年度上期の3事業者に対する販売高
  表:AM事業の半期別会員数推移と予測(2006年9月~2008年3月)
  07年4月に中国市場へ進出
  07年4月に台湾Joymasterとゲーム供給で合意
 ドワンゴの動向
  07年9月期連結決算のゲーム事業は増収
  表:モバイルコンテンツ事業の連結売上高推移と予測(2006年9月期~
2008年9月期)
  表:モバイルコンテンツ事業におけるグループ/関連会社
  無料ゲームにFlashを多用
 08年1月からMORPGの提供を開始するエイチアイなど
 ディースリー・パブリッシャーの動向
  07年12月からラーメン調理ゲームの配信を開始
  07年9月にSNAP Mobileプラットフォーム採用を発表
 fonfun(旧ネットビレッジ)の動向
  07年11月からau向けに武神伝の提供を開始
  07年10月にネットブレーンからのモバイル事業部譲渡を発表
  表:譲り受けるコンテンツの対応事業者
  07年4月に無料の携帯電話ゲーム・サイトを開設
  07年4月から株式投資&企業育成シミュレーション・ゲームの配信を開始
 ウェブドゥジャパンの動向
  07年11月からFOMA 905iシリーズ対応音声認識アプリの配信を開始
 07年11月から敬語やマナーのゲーム配信を開始したパソナユース
 07年10月にイース・シリーズが100万DLを達成したタイトー
  表:イース・シリーズ配信サイト
 07年10月にメガサイバーの全株式を取得したコナミ
 07年10月に無料ゲーム・サイトを開設したジグノシステム
 07年10月に端末でも脳内メーカーが利用可能に
 オンラインのターン制チェス・ゲームを開発中のジー・モード
 07年10月にEZweb向けにFlashゲームを追加したサン電子
 07年9月にドコモやauへの供給を発表したNEXON MOBILE
 カメラやメール利用のゲームを公開した芸者東京エンターテインメント
 07年8月にダウンロードASPサービスを開始したタイレル
 07年7月にゲームと懸賞サイトの合計月間PVが1億を突破
 07年7月に無料エンターテイメント・サイトを開設
 07年7月に無料ゲーム・サイトを開設したツタヤオンライン
 07年7月からゲームなどの配信を開始したエフエム東京
 07年6月からゲームASPサービスの提供を開始したエボルブ
 07年6月にNTTドコモ向けに公式サイトを開設したMGS
 07年6月にジー・モードとの契約を一部変更したガンホー
 07年6月から新作ゲームの配信を開始したBbmfなど
 07年6月からTOEIC学習サイトが3事業者対応に
 SeedCの動向
  07年5月にトランスコスモス モバイル ネットワークスを設立
  表:トランスコスモス モバイル ネットワークスの会社概要
  06年10月にパソコン向けに携帯電話代金回収システムを導入
 07年5月にケイブと提携したマルハン
 07年4月から端末連動ゲームの試験を開始したコーエー
 07年4月にオンライン対戦マッチング数が累積2,000万を突破
 07年4月から無料ゲーム配信を開始したAsk.jp
 07年4月からゲーム情報検索サービスを開始したアイ・ウェイブ
 モブキャストの動向
  07年3月から携帯電話カメラ連動型ゲームの配信を開始
  06年11月に携帯電話ゲームの募集を開始
 07年3月にゲーム・パッケージの販売を開始したインプロス
 06年10月にアトラスの子会社化を発表したインデックスHD
 ゲームやアバター機能の導入を検討するミクシィ
 ディー・エヌ・エー(DeNA)の動向
  今後のモバゲータウンの方向性
  Flashゲームもモバゲータウン拡大要因の1つ
  07年9月からオンライン・ゴルフ・ゲームの提供を開始
  07年8月から3Dポリゴン採用MORPGの配信を開始
  07年6月からau向けにもJavaゲームを一部公開
 CELLによるFlashゲーム制作の方針

5.主なコンテンツ・プロバイダの海外動向
 CELLの動向
  07年8月にNokiaの中国市場向け端末にミニ・ゲームを供給
  米Verizon Wirelessへコンテンツ供給した背景
  将来的には欧州やアジアなどへも展開
 韓国のモバイル3Dゲーム市場を活性化させるエイチアイ
 07年10月に統合開発環境を共同開発したアクロディアなど
 インデックス・ホールディングスの動向
  07年9月にIndex Chinaを設立
  インドや南アフリカなど新興国市場にも本格進出

6.広告ゲームの動向など
 07年11月からアドバ・ゲームの提供を開始したクレバなど
 07年8月から広告で利用料無料のゲームを開始したmore com
 07年5月からゲーム内広告の販売を開始したアドウェイズ
 07年4月からゲーム内広告事業を開始したfonfun
 07年1月からゲーム起動時の広告販売を開始したDeNA
 07年7月に携帯電話3Dゲーム向け高性能LSIを開発した東芝

7.関連リンク
  表:関連リンク1(五十音順)
  表:関連リンク2(五十音順)



■■資料の仕様■■
商 品 名:「基地局関連メーカ各社の動向-2007年度上期-」
発 刊 日:2007年12月12日
判   型:A4版43頁〔PDF資料〕
発   行:エムレポート
販   売:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
頒   価:31,500円(税抜30,000円+消費税1,500円)


■■お申し込み方法■■

下記URLよりお申込みください。
リンク

■その他、現在、ご提供中の調査資料

【デジタルサイネージ最新動向と広告効果】

デジタルサイネージとは、一般家庭以外の場所にある電子看板/電子ポスター
でその主要視聴は20代以下の女性。また影響度は広告媒体の中で最高の伸び率
として、既存メディアを補完するメディアとなりうる可能性が高いと推察され
ます。
リンク


【iPhoneに関するアンケート調査】

米国で発売されたアップル社のiPhoneについての認知度、購買意欲のほか、携
帯電話を購入する際に重視すること、iPodの利用状況等リサーチ。iPhoneに関
する本格的なアンケート調査は、日本国内では初めてとなります。
リンク


【中国オンラインコンテンツ市場の現況及び展望】

中国のインターネット利用者数は、2007年6月の時点で1億6,200万人に達し、
米国のに次ぐ世界第2位になりました。本レポートでは、オンラインコンテン
ツの中でも近年中国で注目されているインターネット娯楽及び教育コンテンツ
に対する分析を行ない、また需要が高まりつつあるなかで、市場の規模も拡大
傾向にある中国市場の課題や将来性についても分析を行ないました。
リンク


■モバイル・マーケティング・マガジン創刊

モバイル・マーケティング最前線のリサーチャー、コンサルタントが参加。
独自調査に基づく分析、最新情報を毎週無料配信!

お申込みはコチラから
リンク


■■グルーヴプロモーション株式会社について■■
設立:2006年1月
会社名:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
所在地:
本社/東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイス18階
神南オフィス/東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
事業内容:
(1)ネットプロモーション事業
インターネットならびにモバイル向けの成果報酬型プロモーション事業
(2)デジタル・プラットフォーム事業
デジタル配信できるあらゆるコンテンツをカバーするプラットフォーム事業
(3)メディア&コンテンツ事業
システム・プラットフォームの開発ならびに提供
関連コンテンツの制作・販売

代表取締役:森田裕行
URL: リンク


■■本件に関するお問い合わせ先■■
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
TEL:03-6379-9771 / E-Mail: info-mrr@nanopro.jp
担当:MRR事業部

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事