logo

世界初の「VCE2」対応オンラインゲームルータの開発に着手

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田克昭、以下プラネックス)は、コミュニティーエンジン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中嶋 謙互、以下コミュニティーエンジン)が提供する「VCE2」に対応する世界初のルータの開発に着手したことを発表いたします。このルータを使用することによりオンラインゲームをより快適に楽しむことができます。
「VCE2」は、リアルタイムネットワーク機能を実現するための、通信に特化したミドルウェアです。「VCE2」は、マルチプラットフォームに対応し、高性能なネットワークアプリケーションを「安全」・「確実」・「迅速」に開発することを実現します。「VCE2」を用いて開発されたオンラインゲーム*と今回開発する「VCE2」対応ルータを組み合わせることにより、オンラインゲームをより快適に楽しむことが可能になります。
これまではオンラインゲームをしながら他のネットワークアプリケーションを利用した場合、そのネットワークアプリケーションの影響をうけてオンラインゲームのレスポンスが悪くなったり、ゲームの動作そのものが停止してしまったりすることがありました。今回開発するゲームルータと、「VCE2」を用いて開発されたオンラインゲームを同時に使用することにより、オンラインゲームで使用するネットワーク帯域をあらかじめゲームルータに通知し、他のネットワークアプリケーションのパケットに影響されません。これによって、常に快適なオンラインゲーム環境の提供が可能な帯域制御(QoS)を実現できます。お客様は、特別な設定を行うことなく安定してオンラインゲームを楽しむことができるようになります。また、オンラインゲームをしないときは通常のルータとしてご利用いただくことも可能です。
今回のルータの開発により、様々なプラットフォームを使ってゲームをされるお客様に「安全」、「快適」なゲーム環境を提供してまいります。
* 「VCE2」搭載のオンラインゲームは2008年より販売開始予定です。「VCE2」の前バージョンである「VCE(VCE 1)」は、これまで多数のオンラインゲーム開発において使用されており、今後「VCE2」も同様にオンラインゲーム開発において使用される予定です。「VCE(VCE 1)」使用実績の詳細は、VCEホームページ( リンク )をご覧ください。

「VCE」/「VCE2」について
「VCE」はリリース以来、多数のネットワークゲーム開発に採用されてきました。その結果、多くのクライアントから高い評価を得ております。現在は、UNIXを含むPCから、Wii、ニンテンドーDS等、幅広い範囲のコンピューターでソースレベルでの互換性を実現することにより、「VCE」の対応プラットフォームを拡大しております。
コミュニティーエンジンは2007年4月に「VCE」からまったく新しいものとして進化した「VCE2」をリリースいたしました。「VCE2」は、一つのサーバプロセスで多数のクライアントとの通信路を維持することができるため、クライアント/サーバ型のソリューションを容易に構築することを可能とします。また、Socketなどのネットワークに関するプログラミング技術や、セキュアな通信路を確保するための暗号化手法などを気にすることなく、ビジネスロジックの部分にのみ集中して開発リソースを投入することを可能とするため、開発期間の短縮や、コーディング量の減少による品質の向上などを実現できます。さらに「VCE2」にHTTPd機能を追加したことにより、オンラインゲーム開発だけでなく、スケーラブルなWebサーバ開発にもご利用いただけます。
※ Wiiは任天堂の登録商標です。
※ ニンテンドーDSは任天堂の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事