logo

パーソナルロボット技術

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが1月に刊行予定です。

過去2、3年間に、パーソナルロボットは、従来の単なる掃除機、ロボットキット、消費者の人気が高い玩具としてのロボット以上のものへと発展した。今日、これまでよりも幅広い単一機能の作業ロボットが市場に投入され、かつ開発中で、エンターテインメントロボットは複雑さと精巧さが増し、ソニーが過去に販売した高額なAIBOよりもずっと購入しやすくなっている。従来、商用ロボット開発は各社が独自で行っていたが、いくつかの重要なオペレーティングシステムの規格化の取組みなどに移行しつつあり、この動向がパーソナルロボット開発に浸透していくだろう。パーソナルロボット市場は、手頃な消費者価格で販売され、大きな進歩を続けるだろう。その結果、マイクロコントローラベンダ、大規模の半導体ベンダ、IntelやMicrosoftなどの巨大企業、大規模な自動車メーカなどの様々な企業が新たな収益機会を得るだろう。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「パーソナルロボット技術」は、個人や消費者向けロボットの市場と、パーソナルロボットに使用されている主要コンポーネントについて記載している。また、商用ロボット分野とその発展に不可欠なソフトウェア開発プラットフォームにおける発展を調査している。

◆調査レポート
パーソナルロボット技術:作業、セキュリティ、エンターテインメント、教育用ロボットと主要コンポーネント リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事