お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ミュージックセキュリティーズと、エイミーストリートジャパン 国内外のアーティストの発掘、音楽制作の資金的支援、および楽曲プロモーション事業で業務提携

音楽原盤権の証券化を行うミュージックセキュリティーズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役小松真実、以下 MS社)は、ターボリナックス株式会社(東京都渋谷区、代表取締役矢野広一、以下ターボリナックス社)の子会社である、音楽配信サービスを行うエイミーストリートジャパン(東京都渋谷区、代表取締役松田未央、以下ASJ社)と業務提携を行い、国内外のアーティストの発掘、音楽制作の資金的支援、および楽曲プロモーション事業を共同で行って参ります。

MS社はCDの制作・宣伝費等をアーティストのファンなどの個人から1口5,000円~1万円等の小口で資金を調達し、CDの売上に応じて分配を行う音楽ファンドサービス(ファンド本数実績46本)のほか、楽曲の原盤権のうち、配信利用される権利(原盤配信権)を一般ユーザーが小口で購入することができるサービス「Copy Right eXchange(CRX)」など、それぞれ日本初となるアーティスト向けファイナンスサービスを通じ、アーティストの楽曲制作の機会およびアーティストとファンとの新しい関係を提供してきております。
ASJ社は、2007年12月5日より楽曲配信価格変動型の新しい音楽配信サービスを開始しております。コンセプトは「発掘」であり、ユーザーが今まで知らなかった新しい音楽を見つけることを簡単に行えるようにサービスが構成されています。特に価格算定の仕組みがユニークで、楽曲の価格は0円から始まり最大200円まで成長していきます。楽曲価格はどれだけユーザーに売れたかなどを測るアルゴリズムによりシステムが自動的に決定します。ユーザーは楽曲を購入するとその楽曲の「REC」(推薦)を書くことができるようになり、他のユーザーが「REC」を参考にして楽曲購入することが可能です。さらに「REC」を書いた楽曲に対しては、楽曲の価格上昇後に「REC」時の価格との差額をエイミーポイントと呼ばれるサービス内のクレジットにキャッシュアウトすることができ、再度楽曲を購入する際に利用することができます。

この度、ASJ社にて音楽配信を行うアーティストの楽曲制作およびプロモーション費用をMSの「音楽ファンド」、もしくは「CRX」にてユーザーから調達し、制作・プロモーションの支援を行ってまいります。特に、米国本社のAmie Street,Incとも連携し、米国アーティストの日本での楽曲配信およびCD販売・プロモーションの支援を行ってまいります。まずは、MS社で既に「CRX」にて支援を行っているアーティストの楽曲の配信を12月27日より開始してまいります。また、今後は、ポイントサービスやアーティスト、会員IDの連携なども検討しております。

この両社の業務提携を通じて、このMS社の「音楽ファンド」、「CRX」の購入および、ASJ社の「REC」を書いた時点の価格と上昇後の価格との差額をポイントとしてもらえる仕組などの連携を通じて、ユーザーがアーティストを発掘し、そのアーティストを育て、広める楽しい体験提供サービスを強化してまいります。

また、アーティストとユーザーとの間に、“一緒にエンタテインメントを生み出す新しい関係”を構築していくことで、現在、音楽業界において問題となっている違法ダウンロードの原因の一つであるユーザーの音楽作品に対する意識の変化を促し、問題の解決および音楽業界の発展に貢献していく所存です。

※ 記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です

関連情報
http://amiestreet.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。