お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

【aethra(アエスラ)テレビ会議システム導入事例】  独立行政法人国立高等専門学校機構 苫小牧工業高等専門学校様

「大学教育の国際化推進プログラム」への取組みにおいて、ニュージーランドの提携校と接続し、海外からの研修報告会や遠隔授業を実施。

独立行政法人国立高等専門学校機構 苫小牧工業高等専門学校様(校長:伊藤 精彦 所在地:苫小牧市  リンク)は、1964年に全国55の国立高専の一つとして設置され、 2004年4月に独立行政法人国立高等専門学校機構が設置する国立高専となりました。中学校を卒業した学生が入学する本科(5年間)と、それに続く専攻科(2年間)があり、21世紀の日本を担う技術者を育成しています。
苫小牧高専では、学術交流協定を結んでいるニュージーランド・ネーピア市の高等教育機関「EIT(Eastern Institute of Technology)」など、海外の教育機関と連携した遠隔教育を目的として、2007年7月にテレビ会議システムを導入されました。
10月からEITとの合同授業を開始され、漢字の意味・成り立ちの説明するプレゼンテーションや郷土料理の調理方法を中継するなど、テレビ会議システムを活用した授業を通して、海外とのコミュニケーションを楽しまれています。

このプレスリリースの付帯情報

テレビ会議越しに漢字についてプレゼンテーション

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。