logo

SL ジャパン、日立製作所に .NET ベースの GUI とカスタム・エディタ 技術を提供

SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET を使った 監視制御システムの開発

株式会社 SL ジャパンは、株式会社日立製作所情報・通信グループ
情報制御システム事業部の監視制御システムの開発において、
米 SL 社の SL-GMS Developer for .NET ならびに SL-GMS
Custom Editor for .NET 製品を提供することを、本日より東京
ビッグサイトで開催されている計測展 2007 TOKYO にて発表した。

報道機関様各位

プレス・リリース

■■ SLジャパン、日立製作所に
■■ .NET ベースの GUI とカスタム・エディタ技術を提供 ■■

SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET を使った監視制御
システムの開発

■■ 2007 年 11 月 7 日 
   計測展 2007 TOKYO @東京ビッグサイト 発 ■■

リアルタイム監視制御システムのダイナミック GUI とエディタ技術で
業界をリードする株式会社 SL ジャパン(米国本社: SL Corporation、
SL ジャパン所在地: 東京都港区、代表取締役社長 羽島良重)は、
株式会社日立製作所情報・通信グループ情報制御システム事業部
(以下、日立)の監視制御システムの開発において、米 SL 社の
SL-GMS Developer for .NET ならびに SL-GMS Custom Editor
for .NET 製品を提供することを、本日より東京ビッグサイトで開催
されている計測展 2007 TOKYO にて発表しました。

日立では、社会、交通、電力・ガス、産業、発電など、社会インフラ
を支えるさまざまなシステムを開発し、貢献しています。これまで、
数々の監視制御システムを手掛けてきた中、その .NET をベース
にしたプラットフォームに、SL-GMS Developer & Custom Editor
for .NET を採用しています。

日立では、Microsoft .NET フレームワークにおける監視制御
システムの開発で、リアルタイムな性能と多種多様の表現と機能が
要求される GUI 画面を、タイムリーに効率良く開発・保守できる
ツールが必要であると考えていました。昨今の加速化するビジネス・
オペレーション環境におけるアプリケーション開発では、さまざまな
要求仕様に対応した高機能で高性能な画面を、短時間で開発
しなければなりません。そして、その開発コストばかりではなく、
画面変更にかかる保守費用を最小化することによって、アプリ
ケーションの TCO を削減することが可能になります。また、
プロセス制御から情報管理までのトータル・システムの提供では、
Microsoft .NET 技術による Web 展開も不可欠な要素であるため、
SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET が選ばれました。

SL 社の SL-GMS (SL グラフィカル・モデリング・システム)は、
世界をリードする DCS や SCADA 製品をはじめとするさまざまな
リアルタイム監視制御ステムのダイナミック GUI 画面とその専用
カスタム・エディタの開発で、20 年以上にわたって使用されて
きました。SL-GMS では、アプリケーション・システムから独立して、
SL-GMSDraw エディタを使って対話的に動的属性を持った
グラフィック・オブジェクトを作成し、すぐにエディタ内でプレビュー
してその動的振る舞いを確認することができます。そして、SL-GMS
Draw エディタで作成して保存したグラフィック・モデルは、C++,
.NET, Java 製品間で流用できるようになっており、統一された
ソリューションによって、部品資産の長期にわたる保護を可能に
してきました。ライフサイクルが 10 年におよぶ監視制御システム
では、長期にわたって使用できる技術の採用が必要条件です。

さらに、SL-GMS Custom Editor for .NET によって、数人年
かかるアプリケーションやシステム固有のカスタム・エディタを、
わずか数人月で開発することが可能です。このカスタム・エディタ
によって、個々のアプリケーション画面を、プログラミングすること
なく迅速に作成して保守することができます。


■■ 株式会社 日立製作所 
    大みか事業所 情報・制御システム事業部について
    リンク


■■ SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について
リンク

1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視
とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門
メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、強力なリアル
タイム・ビジネス・インテリジェンス (BI)、インフラストラクチャ/
アプリケーション監視の機能、プロセス制御やネットワーク管理など
の業界特有の監視制御アプリケーションを、エンドユーザに提供
しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、
宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・
クリティカルなアプリケーションで、81,000 以上(2006 年末現在)
がライセンスされています。株式会社 SL ジャパンは、1998 年に
設立された SL 社の日本法人です。


■■ お問い合わせ先

株式会社 SL ジャパン 広報担当 publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062
東京都港区南青山 3-1-30 エイベックス ビル3階


記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標
または登録商標です。

関連情報
http://www.sl-j.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。