logo

既存パソコンを簡易かつ即座にシンクライアント化するセキュア・クライアント・ツール OS内蔵型 指紋認証付USBデバイス「BioDataSecTL」10月より発売開始

株式会社プロリンク(本社:東京都千代田区 代表取締役:吉原恒朗 以下:プロリンク)とターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:矢野広一 以下:ターボリナックス)は、プロリンクの指紋認証付USBデバイス「BioDataSec2.0」にターボリナックスが提供するシンクライアント向けOS・アプリケーションを搭載した企業向けシンクライアント対応デバイス「BioDataSecTL(バイオデータセック・ティーエル)」を10月下旬にプロリンクより販売開始することを発表いたしました。当製品はターボリナックスにおいても同社のセキュアクライアントシリーズ「wizpy Style Secure Solution」の新たなラインナップとして取扱を行います。

コンプライアンス/セキュリティ強化(個人情報保護法や日本版SOX法などの法令遵守、組織の内部統制強化)、TCO削減(運用管理コストの低減等)などを目的に、現在、企業や自治体を中心にシンクライアントの導入が進んでいます。調査会社などの市場データを見ても、シンクライアントの導入は今後も急拡大していく傾向にあります。

しかし、従来のシンクライアントソリューションは、高価なシンクライアント専用機を新規に導入しなければならないなど初期導入コストが嵩むため、セキュリティ投資に積極的な大手企業や自治体等での導入が中心となっていました。

今回発売の「BioDataSecTL」は、既存のパソコンを有効活用してシンクライアント環境を実現するため、クライアントの初期導入コストを大幅に低減します。これまでシンクライアントの導入に躊躇してきた中小規模の企業や組織でも、簡易かつ安価に導入することが可能となります。
*「BioDataSecTL」に合わせ、低価格ライセンスのシンクライアントソフトウェア(画面転送型)も提供します。

◆「BioDataSecTL」の概要

-「BioDataSecTL」は指紋認証機能付USB「BioDataSec2.0」にTurbolinuxOS及びシンクライアントソフトウェアを搭載したデバイスです。
-「BioDataSec2.0」は高性能アルゴリズム、感熱式スイープセンサーを搭載した高認識率(360度スイープ対応)、USB-CDROM起動による高いブート率を実現します。(図-1)
- 既存のパソコンに「BioDataSecTL」を接続し、指紋認証によりLinuxOSの起動・VPN接続・センターサーバー認証を行い、シンクライアント環境を提供します。(図-2)
- 出先や自宅のパソコンで「BioDataSecTL」と通信環境があれば、有線LANはもちろん、モバイル通信(無線LAN、通信カード)の環境でも簡単にシンクライアント環境を利用することができます。
- システム管理者による、ポリシー統一、ユーザの一括登録・一元管理、OSバージョンアップやアプリケーションの追加等を行いたいお客様については、別途、大手通信事業者が提供する「デバイス管理システム(ソフトウェア)」をご紹介致します。本デバイス管理システムは、大手通信事業者が「BioDataSecTL」の利用を前提に、独自に開発・提供するものです。大中小規模のあらゆる企業ユーザ向けにリーズナブルな価格で提供します。

◆「BioDataSecTL」の利点

1. 低廉な導入コスト
- 一般的なシンクライアント専用機の導入ではなく、既存のパソコン資産を利用してシンクライアントを実現する為、導入コストを抑えることができます。
- 実績の多いCitrixのほか、低価格ライセンスの2Xアルファソリューションズの製品を用意して、画面転送型のシンクライアントソリューションを提案から導入・サポートまでワンストップで提供します。

2. セキュリティの確保
-「BioDataSecTL」に格納されているOSやアプリケーションのみを使用して、クライアントパソコンにはデータを一切残さないため、万が一のパソコン盗難、紛失の際も安心です。(データのHDD保存不可)
- OSの起動やセンターサーバー認証を指紋認証で行うため、本人以外の第三者による不正使用や、万が一のパソコン盗難、紛失の際も安心です。(指紋認証によるなりすまし防止)
- データは画面転送型シンクライアントを利用してセンタ側で処理するため、Winny対策も万全です。(ウィルスによる情報漏洩防止)

3. 利便性・ユビキタス性
- OSのログオン認証や各種アプリケーションのパスワード認証を、指紋認証のみで自動化できます。
- いつでもどこからでも、どのパソコンからでも、簡易かつ安全にシンクライアント通信が可能です。(社外や自宅のPCなど、セキュリティに不安のあるパソコン環境でも気にすることなく利用できます)

図-1 BioDataSecTLの機能・特徴
リンク

図-2 BioDataSecTLと画面転送型シンクライアントソリューションのシステム連携イメージ
リンク

※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事