logo

2008年中に山手線内エリアに大規模データセンターを新設 -「Green Grid」に加入し環境配慮型のグリーンデータセンターを構築-

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)は、2008年秋を目処に、東京都文京区に1,000ラック規模の大型データセンターを新設することを決定しました。
 昨今のインターネットを通じた音声や映像の配信技術の高度化によるデータ量やサーバー数の増加、さらにはセキュリティや事業継続性強化による企業の情報システムに対する安全対策機運の高まりを背景に、データセンターの需要は日増しに大きくなっています。加えて、都心部、特に山手線内のエリアについては、顧客の利便性や水害、塩害の恐れの高い臨海部から離れていることなどから、今後も活発な需要増が見込まれています。


 CTCは、これらの外部環境と既存センターにおけるお客様の増床要望、さらには活発な新規顧客の受注状況を鑑み、2008年秋を目処に東京都文京区内に、1,000ラック規模、延床5,800㎡の大規模な一棟建てのデータセンターを新設いたします。山手線内エリアでは最大規模のデータセンター専用施設となります。
 データセンターとしてふさわしい立地条件や高信頼な受配電システムはもとより、高効率・低消費電力を図れる直流電源の積極的な採用、建物特性を最大限に活かした排熱システム、業界トップランナークラスの高効率空調機器の導入等により環境配慮型のグリーンデータセンターを実現していきます。
また、環境面での取り組みを積極的に展開する目的で、データセンターのエネルギー効率改善を目的に発足した米国IT業界の非営利団体である「グリーン・グリッド(Green Grid Association)」に正式加入しました。


 本センターは、CTCにおいて大手町・渋谷に続く都心型の第3センターとなります。横浜と神戸の郊外型データセンターを含めたこれまでのビジネス経験と運用実績を活かし、規模と品質、利便性と信頼性のバランスのとれたサービスを提供し、お客様のニーズに広範に応えていきます。将来的な都心型のメインセンターと位置付け、既存センターを束ねる統合運用基盤としての役割を担います。総投資規模は数十億円程度を見込んでいます。
尚、データセンター事業全体としては、今後5年間で150~200億円程度の投資を盛り込んだ中長期成長戦略を策定、都心型と並行して、横浜・神戸を中心とした郊外型データセンターの拡大も図っていきます。


 同時に、「TechnoExchange(テクノエクスチェンジ)~お客様とCTCとパートナーの最新テクノロジーが相互に出会い、融合し、新たなビジネスバリューを創出する拠点~」を新たなコンセプトとして掲げ、単なるデータセンタービジネスに止まらずCTCの従来からのビジネス基盤の強みを活かし、お客様のライフサイクルのすべてをサポートできる事業展開を図っていく考えです。



<本件に関するお問合せ先>
 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 コーポレートコミュニケーション部
 電話:03-6203-4100 FAX:03-5512-3013
 E-Mail:press@ctc-g.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。