お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

株式会社メタWeb研究所、独立行政法人 産業技術総合研究所と共同で高度インターネット利用技術の研究を行う

株式会社メタWeb研究所は、独立行政法人 産業技術総合研究所グリッド研究センターと共同で高度インターネット利用技術に関する研究を行います。

1. 概要
この度、株式会社メタWeb研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木潤一)は、独立行政法人 産業技術総合研究所(理事長:吉川 弘之、以下「産総研」という)グリッド研究センター(センター長 関口智嗣) と共同で高度インターネット利用技術に関する研究を行います。
メタWeb研究所は先端のWebサービス技術を分析し、マーケットに求められている事業モデル構築およびサービスの開発を行っています。一方、産総研では先端的な基礎研究によって開発された優れた要素技術を数多く生み出しています。メタWeb研究所と産総研は共同研究を通して、産総研が持つ優秀な技術を実際のビジネスサービスとして具現化し、革新的な価値を提供する新世代のWebサービス開発を目指します。

2. 共同研究テーマ
高度インターネット利用技術の中で、タグ自動生成型検索エンジン、グリッド技術 を用いた地理データ管理と加工およびWebGISでの利用技術、グリッド技術を用いたデータセンタ利用技術、の3つのテーマについて共同研究を行います。
タグ自動生成型検索エンジンは、Web上の情報に対する"消費者から捉えた意味"を大規模に収集し、Web空間を"意味"により体系化し検索可能にするエンジンです。このエンジンは理論上、メタ情報が付加できるすべてのコンテンツを扱うことが可能です。検索エンジンの性能は、その方法論やアルゴリズムと同様に、その規模が重要な要因となります。
グリッド技術を用いた地理データ管理と加工およびWebGISでの利用技術研究では、グリッド技術を用いて膨大な地球観測データや各種観測データ、地理情報データを統合的に扱うことを目的とします。さらにWeb技術を活用し、大規模地理データを多くの人が簡単に利用できる形で公開することを目指します。
グリッド技術を用いたデータセンタ利用技術研究は、いかに大規模なデータ処理を高いサービスレベルを保ちつつ提供するかをテーマとします。


メタWeb研究所について
株式会社メタWeb研究所は、さまざまなWebサービスを提供することでWeb空間上の集合知を情報のメタ化により体系化し、インターネット社会における企業や個人のコミュニケーションを活性化させます。


3. 本件に関するお問い合わせ
株式会社メタWeb研究所
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-21高野ビル3階
TEL 03-3222-4810 FAX 03-3222-4798
担当:赤堀

用語解説

グリッド技術:ネットワークで接続されたコンピューター・データベースなどの情報資源を、場所・時間に制限されない形で利用可能にする技術。

WebGIS:Web技術を応用したGISシステム(Geographic Information System:地理情報システム)。インターネット上でWebブラウザを通じて容易に地理情報システムを利用するための技術。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。