logo

KNOPPIXカスタマイズサービス、初等中等教育機関向けソリューションを拡充

株式会社アルファシステムズ(以下、アルファシステムズ)は、KNOPPIXカスタマイズサービスに
おいて下記の通り、初等中等教育機関向け機能を拡充いたしました。
 1)集合演習についてこられない生徒を自動判別する機能
 2)ネットワーク設定の簡易化機能

開発の目的と効果

1)集合演習についてこられない生徒を自動判別する機能

PCを用いた一斉授業では、生徒のデスクトップ画面を教員が教壇から確認することは
困難であり、教師が児童・生徒の画面を見て回る机間巡視を行っているケースが
多く見受けられます。
しかし、特に初等中等教育期間では、大学のようなTA(Teaching Assistant)のような
制度は無く、一人の先生が40名の生徒の指導を行う必要があり、机間巡視による児童・生徒の
作業状況把握も十分にはできない状況でした。

この問題を解決するため、当社は2005年2月にMultiVNCをオープンソースソフトウェア(OSS)
として公開し、教員が自分のPCから児童・生徒のデスクトップ画面を閲覧できる環境の構築を
支援して参りました。
しかし、MultiVNCの導入を進める中で、単純な画面閲覧だけでは児童・生徒の作業状況の
判別を行うには不十分であるとの顧客要望を受けました。そこで、画像処理の技術を応用し、
集合演習についてこられない児童・生徒を自動的に判別し、教員に提示する機能を開発しました。
この機能は、「一斉授業において、順調に授業についてきている児童・生徒同士の
デスクトップ画面は類似している」という仮説の元、デスクトップ画面に表示される色彩情報を解析し、
そのデスクトップを操作している児童・生徒の作業状況を把握するものです。

この機能により、本当に指導が必要な児童・生徒に対して、教員が重点的に指導することが
できるようになります。

2)ネットワーク設定の簡易化機能

初等中等教育期間のネットワークの多くが、固定IPアドレスで運用されているのが現状ですが、
これまで、KNOPPIXを利用する場合、OSを起動するたびにIPアドレスを設定する必要があり、
運用が面倒で導入が進みづらいという課題がありました。

今回開発したネットワーク設定読み込み機能では、Windowsのネットワーク設定値をファイル出力し、
KNOPPIX起動時にそのファイルを読み込むことでIPアドレス等のネットワーク設定作業を省略する
ことができます。 
この機能により、教員や生徒が環境設定に費やす時間が削減され、本来行うべき情報教育に
集中することができます。

成果の公開

(1) KNOPPIXカスタマイズサービスメニューへの追加
当社が展開しております、KNOPPIXカスタマイズサービスにて、カスタマイズ項目として
追加いたしました。
「ネットワーク設定の簡易化機能」に関しましては、財団法人コンピュータ教育開発センター様が
実施中のOSPプロジェクトや、独立行政法人メディア教育開発センターなどの教育グループが
日本科学教育学会第31回年界にて配布した、KB-KNOPPIX(Kneading Board)にて、
既に導入実績がございます。


(2) 学会発表・展示
日本教育工学会 第23回全国大会(9/22(土)~9/24(月) 早稲田大学人間科学部)にて
MultiVNCの新機能に関連する以下の発表を行います。

「コンピュータを用いた一斉授業における生徒の状態の自動判別に関する検討」

また、同学会の企業展示ブースに「集合演習についてこられない生徒を自動判別する機能」
および「ネットワーク設定の簡易化機能」の展示を行います。

(3) Webサイトでの事業内容公開
当社ホームページにMultiVNC新機能に関する情報を掲載しております。
リンク

お問い合わせ先
〒150-0022 東京都渋谷区渋谷2丁目17番5号 シオノギ渋谷ビル12 階
株式会社アルファシステムズ 経営企画本部 広報室
Tel:03(3486)5111 
Fax:03(5466)7755 
E-Mail:ir@alpha.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。