logo

モリテックス、分析前処理作業の効率を大幅に向上させる自動メスアップシステム「MUPAS(ミューパス)」を発売

手間のかかるメスアップ作業を自動化

マシンビジョン関連機器と画像機器、バイオ関連メーカーの株式会社モリテックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森田茂幸、以下モリテックス)は、この度、分析前処理作業の一つで、メスフラスコに均一量の溶媒を分注する「メスアップ作業」を自動化する装置「MUPAS(ミューパス)」を開発いたしました。モリテックスでは、8月29日から31日まで、幕張メッセで開催される「2007分析展」において、自動メスアップシステム「MUPAS(ミューパス)」を出展し、販売活動を開始いたします。

医薬品の研究や環境分析などを行う場合、水やエタノール、メタノールなどの溶媒を使用する場合が多々あります。溶媒を用いた分析を行う際には、準備した溶媒を、複数のメスフラスコに均一量に分注して行うのが一般的で、この一連の作業を「メスアップ作業」と呼びます。
メスアップ作業は分析前処理作業の一環として不可欠な作業ですが、これまで人手に頼って行われており、分析前処理の中の手間がかかる工程として、効率化の阻害要因となっていました。

モリテックスでは、煩雑なメスアップ作業から開放されたいと願う研究者からのニーズにこたえるべく、当社の保有する光学技術と制御技術を組み合わせ、自動メスアップシステム「MUPAS(ミューパス)」を開発いたしました。

自動メスアップシステム「MUPAS(ミューパス)」は、自社製LED照明とMML(マシンマイクロレンズ)でメスフラスコの標線および液面を自動認識し、迅速かつ高精度なメスアップ作業を実現いたします。また、透明メスフラスコと茶褐色メスフラスコを自動認識するため、ユーザーが現在使用しているメスフラスコをそのまま活用できます。

■自動メスアップシステム「MUPAS(ミューパス)」の主な特長
・標線認識を自動で行い、メスアップの自動化を実現
・迅速かつ正確なメスアップを実現
・使いやすいソフトウエア

■自動メスアップシステム「MUPAS(ミューパス)」の仕様
●本体
画像処理用光学系
 ・高性能マクロズームレンズ   1台
 ・2/3インチCCDカメラ    1台
 ・LEDバックライト照明ユニット 1台
送液部
 ・シリンジポンプユニット 1台
 ・液枯れ防止センサ 1式
 ・希釈用ニードル
 (大流量対応ニードル・微量対応ニードル2連式)1式
駆動部
 ・ニードル上下用直動部      1式
 ・カメラレンズユニット上下直動部 1式
廃液処理
 ・希釈用ニードルのプライム、洗浄部分に必要なリンス
  ポート/ニードルカバーを希釈ニードル待機位置に装備
電源
 ・AC100V(50/60Hz)10A
消費電力 250W
装置サイズ D600mm × W350mm × H567mm
総重量 35Kg
●フラスコ搭載トレー部
ステッピングモーター   1台
ターンテーブル        1台
ターンテーブル種別検知用センサ 1式
ステッピングモータードライバー/コントローラ 1式
●ソフトウエア
MUPAS制御用ソフトウエア 1式
日本語Windows対応(対応OS:Windows(R) XP Pro)

■本体価格 
   348万円

■初年度販売目標
   30台

■製品に関するお問い合せ、資料請求は・・・
株式会社モリテックス 理化学機器部
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-3-3
TEL: 045-913-5808 FAX: 045-913-5802

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事