お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ハイファイブ提供のオンラインテニスゲーム『テニクル』 ゲーム内広告を「コートジャック」形式で、アドウェイズが取扱開始 ~オンラインゲームサービス本日開始~

株式会社ハイファイブ・エンターテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役:澤紫臣 以下ハイファイブ)と、株式会社アドウェイズ(東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久 以下アドウェイズ)は、提携事業第二弾として2007年8月22日よりサービスを開始するオンラインテニスゲーム『テニクル』において、ゲーム内の看板を広告枠として設置し、「ゲーム内広告事業」を推進していくことをお知らせいたします。

オンラインテニスゲーム「テニクル」公式サイト   リンク

■概要
今回の内容は、ハイファイブが一般顧客向けに提供するパソコン用オンラインテニスゲーム、『テニクル』のテニスコートにゲーム内広告領域として看板を200以上設置。5種類のコートに対し、「コートジャック」形式で広告主を募るものです。
 これまで日本のオンラインゲーム業界において、ゲーム運営会社がゲーム内に広告を設置するケースはいくつかありましたが、200以上の多量の枠を用意し、本格的にビジネスモデルとしてオンラインゲーム内広告需要を開拓するケースは初めてとなります。
 『テニクル』ゲーム内広告の総代理店としてアドウェイズが機能することで、インターネット広告に関心の深い層を中心に営業を進めてまいります。
 サービス開始時の広告は、フジテレビ、リクルート、ツタヤ・ディスカスなど5社を予定しております。

■オンラインテニスゲーム『テニクル』について    
Windowsパソコンとインターネットで楽しむことのできるオンラインテニスゲームです。シングル、ダブルスといった基本的なプレイのほか、特訓や大会など各種モードを取り揃えています。
 3Dで描かれたキャラクターは、男女6種類の基礎キャラクターに対し、テニス用品やウェアを着せ替えることで、プレイヤーだけの姿でテニスに臨むことができます。このテニス用品やウェアは無料で用意されているほか、デジタルデータとして各種デザインやゲーム内機能によるバリエーションアイテムを販売いたします。
 このテニス用品につきましても、スポーツ用品メーカーを始め、企業ロゴ入りのもの等を開発することが可能で、今回のゲーム内看板のほか、これらアイテムによるゲーム内露出に関しても広告事業の一環として進めてまいります。

■ゲーム内広告について
いわゆる「セカンドライフ」を初めとして、インターネット上の仮想世界内での広告掲出が話題となっている昨今ですが、これまでオンラインゲーム内広告が注目されつつも、ゲーム自体の媒体力や、雰囲気を壊さず広告を掲出する点で高い敷居がありました。
 現実にも看板が配置されているテニスコートならゲームプレイヤーにとって違和感がないという点、テニスゲームはプレイ中に画面表示(テニスコートを映し出す画角)がほぼ固定されるという点、テニスゲームが3D技術によって描画されている点など、他ジャンルのゲームに比べて比較的看板の設置に無理がないことから、ゲーム内広告事業の具体化の最初のケースとして『テニクル』を選択いたしました。

 オンラインゲームによるプロモーション・コラボレーションに関しての実績とノウハウを持つハイファイブと、インターネット広告に関して高い実績とクライアントネットワークを持つアドウェイズがそれぞれの得意分野を最大限発揮する形で、今回の『テニクル』ゲーム内広告事業が実現いたしました。

□■□株式会社アドウェイズについて リンク
2001年設立。Web媒体向けアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム、「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営、eコマース「ほしいもん.com」、着信課金型広告(ペイパーコール)など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年東証マザーズ上場。

□■□株式会社ハイファイブ・エンターテインメントについて リンク
2006年設立。オンラインエンターテインメント企業として、PC向け大規模接続型ロールプレイングゲーム『ブライトキングダム オンライン』『天道オンライン』を一般向けに提供。現在、子会社の北京光宇維思科技有限責任公司をオンラインコンテンツ開発基盤として、新作『アリアスストーリー』を開発中。ゲーム分野において「日本の企画力、韓国の技術力、中国の人材力」を統合した事業を推進。

このプレスリリースの付帯情報

広告掲載イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://tenikuru.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。