logo

- ノークリサーチ社(本社:東京都足立区、代表伊嶋謙二)とスプリングボードリサーチ社(本社:シンガポール、代表Dane Anderson)は包括的な調査、コンサルティング業務提携を発表 -

IT市場の調査会社のノークリサーチ社は、スプリングボードリサーチ社と日本国内とアジアパシフィックのIT市場のリサーチ、コンサルティングについて業務提携を致しました。

両者の業務提携の背景には、日本国内のITを取り巻く環境が、広くオフショア、特にアジアパシフィック(以下APに略)に拡大していることをうけ、日本国内の調査、コンサルティングを中心に事業を展開するノークリサーチとAPエリアを中心に展開するスプリングボードリサーチ社との相互補完関係を強化すると同時に、グローバル展開するITベンダなどに対する共同調査企画、共同コンサルティング提案を目的に、今回の業務提携となりました。特に日本企業のAPエリアでの事業展開、AP企業の日本国内への事業展開をフォローする要請の高まりに対応するべく、2社のハイブリッドな提携が実現しました。

『具体的な提携内容は以下の4点』
1. ノークリサーチとスプリングボードリサーチが共同で日本及びAP展開を検討するITベンダ・ISV向けにリサーチ、コンサルティングを提案、実施する
2. ノークリサーチとスプリングボードリサーチが共同の調査を企画、実施して日本及びAPエリアで 販売
3. ノークリサーチの調査レポートをベースにさらに別の視点の分析を付加したレポートを、スプリングボードリサーチがAP圏内でレポート(英語版)として販売
4. ノークリサーチがスプリングボードリサーチの調査レポートを販売(英語、日本語)

『07年度に実施予定のリサーチ、コンサルティング企画は次の3企画』
1.日本及びAPにおけるSOA市場の実態と展望
2.日本及びAPにおけるSaaS市場の実態と展望
3.日本及びAPにおける運用管理ソフト市場の実態と展望
「ノークリサーチ社について」
ノークリサーチは1998年に設立。事業開始当初から一貫して国内の中堅・中小企業(SMB)に特化した調査、マーケティング活動を行っている。特にPCサーバ周りのプラットフォームやアプリケーション(ERPなどの業務系ソリューション、グループウェア、運用管理ソフト)などの利用実態の分析に強みがある。
主なリサーチ分野(日本国内)
―中堅・中小企業のPCサーバ導入実態調査
―中堅・中小企業のITアプリケーションの利用実態と評価
―中堅・中小企業向けERP市場の分析とベンダ戦略
―運用管理ソフト市場の分析とベンダ戦略、ユーザ実態分析

「スプリングボードリサーチ社について」
スプリングボードリサーチ社は03年に、IT市場調査大手のIDC、Gartner Groupのベテランアナリストが中心メンバーとなって、シンガポールで設立されたIT専門調査会社。拠点は本社のシンガポールの他にオーストラリア、インド、中国、日本5ヶ所持つ。日本には07年1月に連絡事務所 、同7月に日本法人としてスプリングボードリサーチ・ジャパンを設立。07年9月から本格的な事業展開を予定している。
主なリサーチ分野(アジア太平洋地域)
―SMB/エンタープライズ企業のITユーザ利用実態
―パッケージソフトウェア、ISV市場
―SOA、グリッドなど、次世代のITアーキテクチャ
―SaaS など、ソフトウェア分野における新ビジネスモデル
―CAE、EDAなど技術系アプリケーション についての調査

『本リリースに関する問合せ先』
株式会社ノークリサーチ   
代表:伊嶋 謙二       電話 03-5244-6691
〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター1712
Mail ishima@norkresearch.co.jp
URL リンク

株式会社スプリングボードリサーチ・ジャパン     
代表:ロベルト・トリンドル   電話 03- 5251-3032
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関3-6-15グローリアビル6階
Mail rtriendl@springboardresearch.com
URL リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。