お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

個人投資家1万289人の意識調査~第2回ケンミレ投資家アンケート~

報道関係者 各位


老後を考えた財産構築のための投資は30代からスタート!50代では6割を超える~第2回ケンミレ投資家アンケート~


日本人の寿命は毎年延び、年金問題・医療費問題など、定年退職後に生き続けるリスクが高まっています。ニュースや新聞などマスコミでも問題視されるようになり、いよいよ日本においても個人の資産運用への関心が高まりつつあります。そこで、現在個人投資家がどのような意識で投資をしているのか、その実態や意欲を探ることを目的とした投資家アンケート調査を実施しました。


 ▼リリース サマリー版はこちら
 リンク

 ▼リリース 詳細版はこちら
 リンク



≪ポイント≫

◆投資目的は「老後の生活資金のため」と約半数が回答。
世代別では40代は47%、50代では60%に。

◆06年の投資利回りがマイナスと回答した人が半数以上。
しかし07年はプラスと65%が回答した。

◆現在、塩漬け株を持っていると答えた人が6割を超えと高水準。
昨年の影響を引きずった結果に。

◆今後、株に「積極的に取り組む」と回答した人は34%。
「休む」は06年の55%から10%へ大きく減少。


≪調査概要≫

調査方法  : Webページによるインターネット調査
調査対象  : 国内の個人投資家
調査期間  : 2007年6月23日(水)~7月3日(火)
有効回答数 : 10,289人
男性 :  8,590人 
女性 :  1,699人



1)投資目的は「老後の生活資金のため」が約半数が回答。
  30代から意識が高まり、50代では6割以上となる

 投資の目的をたずねたところ「老後の生活資金のため」が48%と約半数近くの人が回答した。世代別で見ると20代-27.4%、30代-38.5%、40代-46.9%、50代-60.5%、60代-52.3%、70代-39.5%となった。年金問題が社会的問題としてマスコミで取り上げられるようになり、その危機意識が30代から高まり定年に近づくにつれ高くなっていることがうかがえる。また既に年金を受領している年代は、老後の生活資金に対する関心度が低くなっている点も注目したい。

 また、投資を始める前に勉強が必要と答えた人は73.5%を占め、投資を始める前に投資知識を学ぶ必要性があると答えた。
 株式投資においては学ぶべき知識として、「チャートの見方」と回答した人が8割を超え、「テクニカル分析法」「四季報や企業決算の見方」「株の仕組み」などの項目を半数以上の人があげている。


2)06年の株投資の利回りは7割近くがマイナス、
  07年は6割以上がプラスになったと回答。

 06の利回りはプラスになったと回答した人が32.3%で7割近くの人が株で損をした結果になったが、07年に入り利回りがプラスになったと回答した人は64.9%に増え大きく改善していることがうかがえる。ちなみに05年は76.8%の人がプラスになったと回答している。
 
 銘柄を選ぶときに重要視する項目は、「チャートの形」が65.7%、「企業の成長性」が63.3%、「PER割安度」が57.1%と続く。また、銘柄を探すときに参考にする情報源として、「日本経済新聞」と回答した人が48.2%と最も多く、続いて「日経会社情報・四季報」が46.5%、「テレビ(ニュースなど)」が34.7%となった。


3)現在、塩漬け株を保有している人が6割を超え、昨年の影響を影響の引きずった状況
 現在、塩漬けになった株(大きく値下がりし売れずに長く持ちつづけている株)を保有していると回答した人とが64.0%と高水準な結果となり、昨年の相場展開を引きずった結果となっている。
 また、株の売買にあたって売買ルールを決めているかとの質問に対して、「売買ルールを決めていても実行できない」が48.0%、「売買ルールを決めていない」が21.9%となった。株を購入後に値下がりし長期間にわたって売却したくても売却できない「塩漬け株」を保有している人が6割を超えている現状からもうなずける。そこに投資の難しさや事前に勉強する重要度を痛感した気持ちも反映されているのではないか。


4)今後、株に「積極的に取り組む」は34%、「休む」は10%と
  06年の55%から大きく減少。

 今後、株式投資に取り組む姿勢をたずけたところ、「積極的に取り組む」は33.6%と、「今まで通り」は52.1%、「休む(様子見)」は10.3%、「やめる及びやめる事を検討」は4.0%となった。06年は「積極的に取り組む」は12.4%と、「今まで通り」は29.1%、「休む(様子見)」は55.3%、「やめる及びやめる事を検討」は3.2%と07年になり投資家の投資意欲が向上していることがうかがえる。

 また、株以外で今後新たに投資したい対象としてあがっているのは、FX(外国為替証拠金取引)、日経先物mini、投資信託(新興国株)などに注目度が高まっている。


 以上のように、現在投資を行っている個人投資家は、退職金や貯蓄などで蓄えた余剰資金を、老後を意識した投資活動に真剣に取り組みはじめています。その一方、自己責任で投資判断をしなければならない環境で、投資に関する知識を増やしたいとニーズも高まっており、投資に対する社会的な投資教育の整備も必要です。この10年で米国のFP業界は激変し、今後日本においても米国のようにプロのファイナンシャルプランナーが投資家の資金運用をコンサルティングする需要が広がってくると考えられます。



≪ケン・ミレニアム株式会社について≫

 生き続けるリスクに備えた、老後の財産構築のための株式投資を目的とした株式投資ソフトのASPサービスや投資教育サービスをインターネットを活用して行っています。1998年5月に設立以来、一貫して個人投資家を対象としたリスクの少ない割安株投資を推奨してきました。

 株式投資に必要な多くの株式投資情報をホームページにて無料で提供すると同時に、会員向けには専門的な知識が少なくても提供される選択肢を自分の目的に合せて選べば割安株に投資することができる投資ソフトを開発・提供し、その為に必要な投資知識を身につけるための投資教育サービスを提供しています。

 また、経営の健全性、効率化を高め、企業として正しい意思決定を行えるように各分野の専門家として、江崎玲於奈氏(物理学者・ノーベル物理学賞受賞)、椎名武雄氏(日本アイ・ビー・エム株式会社 相談役)、塙義一氏(日産自動車株式会社 名誉会長)による経営諮問委員会を設置し、客観的な視点でのアドバイスを受けています。

【参考URL】
 ケンミレ株式情報 リンク

【報道関係お問い合わせ先】
 ケン・ミレニアム株式会社 事業戦略部 広報担当 渡邉 杉山
 TEL:03-3545-2344  FAX:03-3545-2325  E-mail:ken@miller.co.jp

【ケン・ミレニアム株式会社 会社概要】
 □会社名 : ケン・ミレニアム株式会社
 □所在地 : 東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル11階
 □代表取締役 : 森田 謙一
 □事業内容 : 個人投資家向けの投資教育及び投資ソフト(ASP)提供
 □資本金 : 2億5千万円
 □設立年月日 : 1998年5月

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。