お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2010年まで年間成長率100%以上で発展するWi-Fi RFIDタグ市場

米国インスタット社は、Wi-Fi RFIDタグは出荷数で2010年まで毎年100%以上の成長を続けるという予測結果を発表した。

いくつかの課題があるにもかかわらず、Wi-Fi RFIDタグの出荷は2010年まで毎年100%以上の成長を続けるだろうと米国の調査会社インスタット社は報告する。企業が既に資産管理のためにWi-Fiに行った投資を生かすことができるので、Wi-Fi RFID技術は魅力的である。

「従来、この市場の主要な弱点は、アセットタグのバッテリー寿命が短いことであった。唯一のタグ専門チップベンダであるG2 MicroSystemsは、この弱点をかなり克服しつつあり、いまやバッテリー寿命は数年持つようになった」と、インスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 2006年のWi-Fi RFIDタグ出荷の大部分を占めたのはAeroScoutだった
■ 2006年の世界のWi-Fi RFIDタグ出荷数は13万5000に達した
■ 成長している主要な垂直市場は、医療、重工業、輸送、ロジスティクスである

インスタット社の調査レポート「Wi-Fi RFIDの世界市場:RTLS、RFIDの規格と技術、主要企業、Wi-Fiタグの市場シェアなど - Where is It? - The Worldwide Market for Wi-Fi RFID」は、世界のWi-Fi RFID市場を調査した。2011年までの世界のWi-Fi RFIDタグの出荷数と収入、Wi-Fi内蔵型パソコンと企業の無線アクセスポイント出荷数を予測している。主要ベンダのプロフィール、RFIDの規格と技術、市場シェアの情報を掲載している。


[調査レポート]
Wi-Fi RFIDの世界市場:RTLS、RFIDの規格と技術、主要企業、Wi-Fiタグの市場シェアなど
Where is It? - The Worldwide Market for Wi-Fi RFID
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。