お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

オムロン フィールドエンジニアリング、業務の情報活用をはかる「経営コックピット」システム構築にあたり、データ集計分析ツールの「Dr.Sum EA」を導入

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区 代表取締役社長 内野弘幸)は、総合電機メーカーのオムロングループに所属するオムロン フィールドエンジニアリング株式会社(以下、OFE、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小林正樹)が、業務の情報活用をはかる経営コックピットを刷新するにあたり、ウイングアーク テクノロジーズの多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(ドクター・サム・イー・エー)」、「Dr.Sum EA Visualizer(ドクター・サム・イー・エー・ビジュアライザー)」が採用、導入されましたので、お知らせいたします。

 OFEは、フィールドサービス業界における競争激化の環境下において、1999年より全社規模で業務改革をすすめ、サービス品質の公開を行なっている。業務フローやプロセスの分析を行い、一般に目には見えないサービスを可視化することで、お客様に見える価値の高いサービスを提供しています。同社では、これまでも業務データが蓄積され情報提供のためのシステムが運用されていましたが、データ可視化のためのグラフ化の作業には手間と時間がかかり、データ更新の頻度は月一回の配信に限られていました。そこで、社内においても単なる情報提供ではなく情報活用として、企業経営に関わる全ての情報を必要なタイミングで引き出せる仕組みを検討、同社は現場情報の提供と経営戦略の浸透をはかる“経営コックピット”の構築に取り掛かりました。1700名/150拠点、全社での膨大な経営情報の可視化を検討するにあたり、データの可視化ツールとして採用されたのが「Dr.Sum EA」で、採用理由は以下の通りです。

1.全社導入を実現するサーバライセンス
2.低コストの導入費用
3.日本人の感覚にあう、見やすいグラフ
4.導入実績(1300社1900サーバ/2006年5月現在)
5.日本製である安心感
6.安定したサポート体制

 また“経営コックピット”構築においては、現場にデータのメンテナンスを任せる“データオーナ制”や、定期的にユーザ部門にヒアリングを行なう“e-関係”という機会を設けることにより、データの鮮度を保ち、まさにトップダウン・ボトムアップの情報の見える化を実現しています。
 同システムは、2006年6月に第一次稼動を開始し、現在カスタマーエンジニア同行情報分析や経営情報分析、品質管理情報分析など、迅速な意思決定を後押しする集計・分析ツールとして幅広く活用されています。2007年3月より、Excelアドイン機能の全社展開を実施し、さらなる情報の可視化を進め、現場の声から集めた情報を経営判断に活用し、情報の有効活用を進めることで迅速な意思決定につなげています。

【オムロン フィールドエンジニアリング株式会社について】 リンク
設立:1970年(昭和45年)7月7日
本社:東京都渋谷区恵比寿
事業内容:フィールドエンジニアリング事業、コンピュータシステム事業、インダストリービジネス事業、システムコンストラクション事業

[Dr.Sum EAについて]
Dr.Sum EA データ活用ソリューションは、ITを経営や業務の現場に役立てるために、動的多次元高速集計検索エンジンDr.Sum EAをコアに、企業に蓄積されるデータを自在に集計・加工して、利用者に応じて一貫したデータ活用を実現する環境を提供しています。
 Dr.Sum EAは、サーバソフトウエアとクライアント(利用者)PC用のExcelインターフェイス(無償Excelアドインモジュール)で構成され、サーバソフトウエアは、大容量データを蓄積したデータベースからユーザが指定した角度でデータを切り出して動的にキューブ(多次元データベース)を生成します。利用者は、使い慣れたExcelを操作する延長線上で、ドリルダウンやドリルスルーなどの機能を使ってサーバで集計されたデータをExcelのシートに表示し、さらに集計し分析することができます。

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:62億円(2006年2月期)
従業員数:116名(2006年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。