logo

夢の街創造委員会、「東京ミッドタウン」に専用デリバリー受付システムを提供。

タウン内のテナント店舗に、デリバリーサービスの発注が可能に。

最短30分でお届けまで完了する、インターネットの宅配・デリバリー専門サイト「出前館」( リンク )を運営する夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長:中村 利江 本社:大阪市中央区 以下、 夢の街)は、「出前館」のAPI(Application Program Interface)を利用し、3月30日に防衛庁跡地にグランドオープンした大型複合施設「東京ミッドタウン」で働くワーカー、レジデンスの入居者を対象に宅配・デリバリーを受け付けるサイト「ウェブデリ」を開発、サービス開始することを、下記の通りお知らせいたします。

「ウェブデリ」は、東京ミッドタウン内のテナント店舗がタウン内に限定したデリバリーサービスを受付できるシステムで、テナント店舗は本格的な宅配インフラを持たずに、タウン内の顧客に対して、イートイン、テイクアウト以外に新たな販売機会を得ることが可能となります。

また、タウン内のワーカーや入居者は、東京ミッドタウンのクローズドサイトから「ウェブデリ」にアクセスすることにより、外出せずにテナント店舗のサービスが受けられたり、ピーク時の混雑を避ける事ができ、より快適な食生活を送れるようになります。


「ウェブデリ」の大きな特徴は、下記の3点です。


■限られたエリアの中でのサービスとなりますので、今までデリバリーサービスを行なっていなかった多数の飲食・食品販売店の宅配サービスが始まります。また、「ウェブデリ」限定メニューも提供予定です。

■即時注文はもちろん、予約注文も可能なので、会議や来客を見込んだ食事手配ができるようになります。また、配達可能数量もタイムリーに表示・変更ができるので、店舗側も余裕を持ったオペレーションができます。

■ランチタイムや夕食の混雑時でも、事前にネット上で予約注文しておくことが可能ですので、施設外へのユーザーの流出を防ぐことができ、テナント店舗とユーザー双方にメリットのあるシステムになっています。


なお、「ウェブデリ」の詳細は下記の通りです。


■サービス開始予定日:2007年5月7日
■サービス利用料:無料
■サービス対象者:東京ミッドタウンで働くワーカー、レジデンスの入居者
■サービス利用方法:東京ミッドタウンで働くワーカー、レジデンスの入居者が、東京ミッドタウン内にいる時にだけアクセス可能な限定サイトを通じて、「ウェブデリ」に会員登録すると利用できます。
■「ウェブデリ」掲載予定店舗の一例
・Pizzeria-Trattoria Napule(イタリアン)
・とらや(和菓子・雑貨)
・Okawari.jp(フードコート)
・NIRVANA New York(インド料理)
・平田牧場(豚肉・とんかつ)
・STARBUCKS COFFEE TOKYO MIDTOWN COMPLEX STUDIO(カフェ)
・patisserie Sadaharu AOKI paris(スイーツ)
・SILIN 火龍園(中国料理)
・鉄板焼ステーキ 喜扇亭(鉄板焼)


夢の街は、大型複合施設内に専用デリバリーシステムを構築する、という初の試みである今回のサービスを、東京ミッドタウンのような複合機能を持つ地域コミュニティにおけるモデルケースとし、地域内宅配サービスの創出により、地域活性化に寄与したいと考えております。

このプレスリリースの付帯情報

「ウェブデリ」 画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【「東京ミッドタウン」とは】
 東京都港区六本木の防衛庁跡地に再開発された大型複合施設であり、「都心の上質な日常」をコンセプトとしています。緑豊かで開放感溢れる施設は、オフィスやレジデンスのほかに、ファッション、インテリア&デザイン、フード&カフェ、レストラン&バー、サービスなど、多彩なライフスタイルに対応する店舗で構成され、いずれのカテゴリーも、都心生活者が求める上質で希少性の高い商品やサービスが、日本全国、世界中から集積されています。3月30日のグランドオープンにより大きな話題を呼び、東京の新名所として位置付けられることが予想されています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事