logo

アバイア、Webベースで通話履歴やボイスメッセージへの アクセスを可能にするユニファイド・コミュニケーション・ソリューションを発表

2007年3月6日
<米国 3月5日発表 プレスリリース抄訳>


企業向けコミュニケーション・ソフトウェア、システムおよびサービスのリーディン
グ・プロバイダーである米アバイア・インク(NYSE:AV、以下「アバイア」)は、米
国フロリダ州で開催されているVoiceCon Spring 2007において、Webベースで通話履
歴やボイスメッセージへのアクセスを実現するユニファイド・コミュニケーション・
ソリューション「Avaya one-X(TM) Portal」を発表しました。

Avaya one-X Portalはアバイアのテレフォニー、メッセージング、カンファレンス・
アプリケーションへのアクセスを可能にするWebベースのインターフェースです。コ
ミュニケーション・アプリケーションとディレクトリを単一ユーザーインタフェース
に統合しているため、ユーザーは、個別のアプリケーションソフトウェアをインス
トールすることなく、インターネットアクセスがあるPCであれば、どんなPCからでも
会社の電話の通話履歴、ボイスメッセージ、Webカンファレンスにアクセスできま
す。これにより、企業は従業員の生産性を向上し、事業継続性を強化できます。

Avaya one-X Portalの国内での提供は2007年6月を予定しています。


Avaya one-X Portalにより、ユーザーはどんなPCからでも、使い慣れた自分のデスク
トップと同じ操作性で下記をはじめとするコミュニケーション作業を簡素化できま
す。これにより応答性を高め、コラボレーションを向上できます。

・通話履歴や統合されたディレクトリ中の氏名や番号のクリックによる通話
開始

・画面上のディスプレイパネルを使用した電話会議の設定、氏名のクリック
による電話会議への参加者追加

・ボイスメールの視覚的確認、管理、再生および録音

Avaya one-X PortalではAvaya Modular Messaging のFind Me/Follow Me/Hide Meな
どの設定することにより、ユーザーは都合に合わせて対応方法を選択することが可能
です。またコンタクトを承諾するか否かなどを選択することができるため、ユーザー
は、コミュニケーションに対するコントロール性を高めることができます。会社にか
かってきた電話の携帯への同時着信機能Extension to Cellularのようなモビリティ
機能も容易に設定できます。

Avaya one-X Portalにより、従業員は気象条件や施設の機能停止、予期されない出来
事などにより職場に行くことが困難な場合でも、標準のHTTP接続による個人または公
共のコンピュータからビジネス・コミュニケーション・アプリケーションにアクセス
することができるため、事業継続性も強化できます。Avaya one-X Portalは複数のオ
プションを備えており、コンピュータ、オフィス、モバイル、家庭など、遠隔地の電
話に、高品質の音声品質を提供する最適な音声経路を選択してつなぐことが可能で
す。また、信号シグナルはアプリケーションを通じて行われます。

企業のIT部門は、Avaya one-X Portalの導入によって、従業員がどこからでも効果的
に仕事を進められるようにするという技術的な課題を軽減し、多数の従業員に対して
先進的なコミュニケーションツールを展開することも可能になります。迅速かつ簡単
で、集中化されたサーバベースのWeb実装と管理により、複数のコミュニケーション
用アプリケーションをユーザーのデスクトップに展開する必要がなくなります。
Avaya one-X Portalは企業のVPNと認証システムのどちらも活用するため、会社のコ
ンピュータか公共のコンピュータかに関わらず、安全なコミュニケーションが確保さ
れます。


サポートするシステム
<クライアントマシン>
PC
Pentium III 800Mhz 以上、256RAM(推奨512M以上)
1.5GB以上のHDD容量
CD ROMとDVD-ROMディスクドライブ

Mac
512 RAM, 1..33 GHz CPU
MAC OS 10, Mozilla Firefox2

One-X Portal Server
IBM Xベースまたは同等以上の性能のサーバー
2BG RAM、80GBドライブ
100MBS NIC、DVD/CDコンボドライブ
Redhat Enterprise Linux ES 4.0 Update 4

<サーバー>
Avaya Communication Manager 3.0 以上
Modular Messaging 3.0 SP2 with Avaya Storage Server
Meeting Exchange Enterprise 4.1
Application Enablement Services 3.1
Microsoft Active Directory Server 2003 SP1


アバイア(Avaya Inc.)について  
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ、NYSE:
AV)は、世界の100万社以上の企業(FORTUNE 500(R)の90%を含む)に、コミュニ
ケー
ション・ネットワークの設計、構築、管理を提供しています。信頼性にすぐれたIPテ
レフォニー・システムとコミュニケーション・ソフトウェア・アプリケーションと
サービスの世界的リーダーとして、あらゆる規模の企業をサポートしています。

世界規模で提供できる包括的なサービスと、ビジネス・アプリケーションをともなっ
た音声データ統合コミュニケーションに注力しており、お客様が既存のネットワーク
や新規に構築するネットワークを活用してよりよい業績を達成するためのお手伝いを
しています。詳しくはアバイアのウェブサイトリンク をご覧くださ
い。日本アバイアについては、リンク をご覧ください。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。Avaya one-XはAvaya
Inc.の商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事