お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

産総研、仮想データセンタ機能の実験設備にHoster-JPのホスティングサービスを採用

株式会社 Hoster-JP
2007/02/27 09:00

1.概要

株式会社 Hoster-JP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:山田隆史、以下、Hoster-JP)は、独立行政法人産業技術総合研究所(以下、産総研)が推進するAIST-SOAプロジェクトにおける仮想データセンタ機能の実証実験設備として、ホスティングサービスの提供を2007年2月より開始しました。

2.実証実験について

産総研では、平成17年度より「産業変革研究イニシアティブ」として知識循環型サービス主導アーキテクチャ(AIST-SOA)プロジェクトを推進しており、本プロジェクトの一環として、次世代のデータセンタに必要な仮想データセンタ機能を実現するソフトウエアの開発をしています。仮想データセンタ機能では、仮想化されたサーバ、ストレージ、ネットワークをユーザからの要求に合わせて、CPU、ディスク容量を統合することでスケーラブルに提供可能とすることを目指しています。

今回の実証実験は、仮想データセンタ機能の実証及び商用データセンタにおける運用について検証を進めていきます。実験設備にはHoster-JPが提供するエーテルホスティングサービスが採用され、汎用的なサーバにて構築が行われます。

3.ホスティングサービスについて

Hoster-JPが提供するエーテルホスティングサービスは、JPIXとのダイレクト接続による高速ネットワークをベースにした専用型の商用ホスティングサービスです。インターネットトラフィック交換の大半はIX経由で行われるため、通信上のボトルネックの発生要因を極限まで抑え、大容量コンテンツ配信プラットフォームとしてコンテンツ配信事業者に提供しています。

4.本件リリースについてのお問い合わせ

株式会社 Hoster-JP
広報担当:永井
電話:03-5977-0888 Eメール:info@hoster.jp FAX:03-5977-0887

株式会社 Hoster-JP
リンク

JPIX(日本インターネットエクスチェンジ株式会社)
リンク

※記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。