logo

IPセットトップボックス市場は企業の新規参入と統合が推進

米国調査会社インスタット社では、Telco TVの普及に伴い、IPセットトップボックス需要が促進され、2006年の430万から2010年には1900万ユニットに達するという予測を発表している。しかし昨年市場に参入した新しいセットトップボックスベンダは、HD、DVR、デジタル地上波チューナーなどの重要な機能についてはまだ対応できていないという。

Telco TV(通信会社によるテレビサービス)の普及に伴い、IPセットトップボックス需要は促進し、2006年の430万から2010年には1900万ユニットに達するだろうと米国調査会社インスタット社の調査レポートは報告する。しかし、昨年市場に参入した新しいセットトップボックスベンダは、HD、DVR、デジタル地上波チューナーなどの重要な機能についてはまだ対応できていない。

「2006年には、MotorolaによるKreatelの買収や、Cisco によるLinksysやKiSSとScientific Atlantaとの統合が行われた。それぞれの地域の主要な企業が、今後もIPセットトップボックスの主導権を固めていくだろう」とインスタット社のアナリストMichelle Abraham氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。

■ 欧州では、DVB-Tチューナーとセットトップボックスの統合が進むだろう
■ 多くのベンダが統合型のホームネットワーキング技術を提供するだろう
■ 部品価格は下落し、SD H.264デコーダーのBOM(Bill of Materials)は2005年の100ドルから2010年に54ドルになるだろう

インスタット社の調査レポート「世界のIPセットトップボックス市場:ベンダ、収益、出荷数、ASPなど - IP Set Top Box Market: Done Waiting for H.264」は、インターネットプロトコルによるセットトップボックスの世界市場を調査した。世界市場の出荷数、ASP(平均価格)、収益、HDセットトップボックスの出荷数、DVRセットトップボックスの出荷数、DVB-T統合型セットトップボックスの出荷数の5年間予測を地域別に提供している。主要セットトップボックスメーカーのプロフィールと、市場牽引要因と課題の分析を行っている。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
世界のIPセットトップボックス市場:ベンダ、収益、出荷数、ASPなど
IP Set Top Box Market: Done Waiting for H.264
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事