logo

米国サイバートラスト社、 Extended Validation (EV) SSLサーバ証明書の提供を開始

~安全なインターネット接続とオンラインビジネスの実在性の検証により詐欺を防止~

サイバートラストのソリューションはWindows Vistaユーザのみならず、Windows XPユーザの安全性も確保するほか、EV SSLサーバ証明書を多用する申込者の手続きを簡素化

2007年1月25日バージニア州ハーンドン発 - サイバートラスト株式会社のパートナ企業、米国サイバートラスト(r)社は本日、Extended Validation SSLサーバ証明書の発行サービスを開始したと発表しました。米国サイバートラスト社のEV SSLサーバ証明書を利用する企業は、Microsoft Windows Vista または Windows XP Service Pack (SP) 2でInternet Explorer (IE) 7を使用するユーザに対して、より信頼性の高いオンライン取引ができる環境を提供します。EV SSLサーバ証明書は、企業の実在性を徹底的に検証した上で発行されるサーバ証明書であり、ウェブサイトを運営する企業が法的に実在することをユーザに保証し、IE 7のアドレスバーを緑色に変化させます。


EV SSLサーバ証明書は、既存のサーバ証明書とは異なる、次世代のサーバ証明書です。EV SSLサーバ証明書を使用する企業にとっては、自社のWebサイトが確かに米国サイバートラストのような認証局により認証されたことを、従来に比べ一層明確にユーザに示すことができます。このため、Webサイトを利用するユーザにとっては、フィッシングサイトでなく、正規のWebサイトにアクセスしているということが、分かりやすく確認できるようになります。例えば、米国サイバートラスト社の審査によってウェブサイトとその運営者の実在性が調査され、正規の運営者であると確認された場合に、EV SSL証明書を使用したWebサイトにアクセスしたユーザのIE 7 のアドレスバーは、緑色に変化します。一方、EV SSLサーバ証明書を取得していないウェブサイトでは緑色に変化しないため、そのサイトとオンライン取引をしようとしているユーザは、注意をもって取引を進めなければなりません。


米国サイバートラスト社のEV SSLサーバ証明書は、他の認証局(ベンダ)と比較して2つのユニークで、優れた特徴を持っています。まず、米国サイバートラスト社のEV SSLサーバ証明書は、デフォルトでWindows Vistaユーザのみならず、Windows XPでIE 7を利用するユーザに対しても、EV SSLサーバ証明書ならではの機能をご利用頂くことができます。Windows XP SP2ユーザにおいても、ウェブサイトが正規のサイトであり、信頼性の高いオンライン取引が可能であると証明するため、IE 7 のツールバーが緑色に変化することを確認できます。次に、米国サイバートラスト社では、複数のEV SSLサーバ証明書を必要とするお客様のために、申込手続きを簡素化するアップグレードプロセスを用意しています。こちらは、お客様における複数の申込担当者に対する審査を予め完了させておくことにより、お客様が将来証明書の申請をする際、申請に必要な時間の短縮が可能になります。


米国サイバートラスト社のEV SSLサーバ証明書は、インターネットがビジネスの要となる企業にとって特に有益です。それはオンライン取引が頻繁に行われるオンライン金融サービス、銀行サイト、オークションサイト、人気の小売業者などのサイトは、フィッシングやインターネット詐欺の標的となりやすく、それらのウェブサイトを利用するユーザにがフィッシング詐欺を見破ることがますます難しくなっているからです。


米国サイバートラスト社のアイデンティティ管理担当シニアバイスプレジデント、Stijin Bijnens(スティジン・ビジネン)は次のように述べています。「EV SSLサーバ証明書による絶対的な効果をひと言で言えば“信頼”です。消費者からの信頼は、企業にとって失うことのできない重要な財産です。米国サイバートラスト社のEV SSLサーバ証明書は、ユーザが企業の実在性を確認できるため、オンラインの信頼性の向上において最も優れた改善方法の一つです。」


EV SSLサーバ証明書は、認証業界において統一された審査基準を全て満たした認証局が提供しています。そのため、ユーザはオンライン取引を行おうとしているウェブサイトが正規のものであるかどうか、信頼性の高いリスク評価をすることができます。新たな審査基準に従って実在性を立証できる企業は全て、EV SSLサーバ証明書を取得できます。新たな認証プロセスは、フィッシングやファーミング詐欺による企業のなりすましや顧客への損害の防止を目的とした現在の審査よりも広範囲にわたるプロセスとなります。ユーザは正規のサイトにアクセスし、機密が守られ、安心して取引することができます。米国サイバートラスト社は、EV SSLサーバ証明書の申込みをされるお客様に対し、各申込手続きを分かりやすくご案内致します。


EV SSLサーバ証明書を発行するためのガイドラインは、複数の認証局(CA)、インターネット・ブラウザ・ソフトウェアおよびアプリケーションのベンダからなる任意団体、CAブラウザフォーラムによって規定されています。CAブラウザフォーラムの会員は、オンライン取引の際のセキュリティを高め、インターネットユーザに安全性を確立したサイトを視覚的に表示すべく、EV SSLサーバ証明書を発行するためのガイドラインの制定と実施方法を定めることに対して密に協力してきました。
さらに詳しい情報は、リンク
Cybertrust Extended Validation SSL Certificates Resource Centerをご覧ください。



■米国サイバートラスト社について
米国サイバートラスト社は、世界的な情報セキュリティのスペシャリストであり、企業や政府機関がリスクを顕在化しかつコントロールできるための専門知識やマネージドサービスとテクノロジを提供しています。15年を超える経験をもとに、米国サイバートラスト社は、アイデンティティ管理、脅威の管理、脆弱性の管理、コンプライアンス管理の4つの重要なセキュリティ分野に焦点をおき、セキュリティ・ライフサイクル全般にわたって包括的に取り組んでいる初めての企業です。情報セキュリティ製品の認定に関して世界的なリーダであるICSA Labs(r)(本部:米国バージニア州)や世界で30を越えるオフィスをはじめとするリソース、比類ないセキュリティに関する知識と経験をベースに、ビジネスを展開しています。米国サイバートラスト社は、世界中における4,000を超えるお客様にとって、情報セキュリティに関する信頼のおけるアドバイザです。
リンク


■サイバートラスト株式会社について
サイバートラストはPKI(公開鍵暗号基盤)、MSS(マネージドセキュリティサービス)、およびe文書ソリューションを主力とした総合セキュリティベンダです。
前身の旧ビートラステッド・ジャパンでは、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダである米国サイバートラスト社、およびソフトバンクBBとの戦略的資本提携により国内における基盤を強化してまいりました。2006年11月には米国サイバートラスト社の製品・サービスの国内における独占販売権を取得、それにともないブランド名と商号の統一を図るため、2007年1月に現社名に改めました。
今後もセキュリティサービス、ソリューションの提供を通してICT社会における安心・安全なビジネス環境の実現に貢献します。 
リンク

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。



■一般からのお問い合わせ先
サイバートラスト株式会社
Tel:03-6889-1575  Fax:03-6215-5266
E-mail:info@cybertrust.ne.jp
URL:リンク


■報道関係者からのお問い合わせ先
サイバートラスト株式会社
広報:根岸
Tel:03-6889-1579  Fax:03-6215-5266
E-mail:press@cybertrust.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。