お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

セルラー基地局シリコンメーカはWiMAXなどの課題に直面

WiMAXは携帯電話基地局の半導体メーカーにとっての唯一の脅威というわけではない。携帯電話加入者数の成長が伸び悩み始めただけでなく、アジアのより安い半導体が基地局市場に入り始めてもいる。そのため、基地局からあがる半導体総収益は、今後数年間にわたって低下すると予測される。

ちょうど3Gが市場にでるのに何年もかかってしまったように、WiMAXも台無しになる可能性があると、米国調査会社インスタット社は報告する。しかし、WiMAXはセルラー基地局の半導体メーカーにとっての唯一の脅威というわけではない。セルラー加入者数の成長が伸び悩み始めただけでなく、アジアのより安い半導体が基地局市場に入り始めてもいる。そのため、基地局からあがる半導体総収益は、今後数年間にわたって低下すると予測される。

インスタット社は下記についても調査した。
■ セルラー基地局半導体の総収益は、2006年に45億ドルに届くと予測される
■ 主要なセルラー技術のアップデートの速度は遅くなっている
■ プロバイダはできる限り最新のセルラー技術にアップグレードしており、インフラストラクチャ設備メーカーに対する価格圧力を保つようにしている

インスタット社の調査レポート「無線基地局/パワーアンプ半導体市場:技術別出荷台数と収益の5年間予測 - In-Dustry Update: Cellular Base Station/PA Semiconductor 5-Year Forecast」は、基地局半導体とセルラーパワーアンプ/パワーアンプ半導体の両方に影響を与える要因を明らかにしている。新しい基地局、基地局向けの半導体の収益、セルラーパワーアンプ/パワーアンプ向けの半導体の収益を、CDMA、GSM、PDC、WCDMAに技術ごとに分けて、5年間予測を行っている。技術ごとに、セルラーパワーアンプの地域毎の内訳も記載している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
無線基地局/パワーアンプ半導体市場:技術別出荷台数と収益の5年間予測
In-Dustry Update: Cellular Base Station/PA Semiconductor 5-Year Forecast
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。