logo

アリエル・マルチスケジューラにソーシャルカレンダー対応機能を追加

GoogleカレンダーだけでなくiCal形式のデータもマルチスケジューラに取り込み可 能に

アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小松宏行、以下アリエル・ネットワーク)は、本日2006年12月5日(火)より無料スケジュール管理ソフトであるアリエル・マルチスケジューラ(以下マルチスケジューラ)に、ソーシャルカレンダー対応機能を追加した最新版となる、バージョン4.6.3を公開致します。

■マルチスケジューラにiCal形式のデータも表示可能に
アリエル・マルチスケジューラは、個人の効率的なスケジュール管理を支援するだけでなく、インターネット経由で手軽にスケジュールの共有を実現することができる、新しいコンセプトのスケジュール管理ソフトです。
11月15日に追加したGoogleカレンダー連携機能に続き、今回、iCalendar形式(以下、iCal形式)のカレンダーデータ取り込み機能を追加しました。
これにより、Googleカレンダー以外にも、利用者がイベント情報を登録するソーシャルカレンダーをはじめ、ライブドアが提供している天気予報データや、アップルが公開しているiCalカレンダー等、iCal形式で配信されている幅広いカレンダーデータをマルチスケジューラに表示することが可能になりました。

■カレンダー連携機能の使い勝手も強化
なお、iCal形式への対応と合わせてWebcalプロトコルへの対応も行ったため、webcal://で始まるアドレスをクリックするだけで、該当のカレンダーをマルチスケジューラに取り込むことも可能になりました。
また、Googleカレンダー経由でiCal形式のカレンダーも取り込むことも可能になったため、基本的には画像が利用されている以外の全てのGoogleカレンダーのカレンダーをマルチスケジューラに取り込むことも可能になりました。
現在、アリエル・ネットワークでは、マルチスケジューラを、個人の仕事の効率化や、効果的な情報管理を支援するツールとして位置づけ、機能追加を行っています。
今後も、他のウェブサービスやソフトウェアとの連携により、クライアントソフトとウェブのシームレスな融合の実現に取り組んでいく予定です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事