お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

BlogHeaderの「Social BookMarks」がWebClipsサービスを提供開始

検索結果から必要なサイトだけをワンクリックで瞬時に一時保存

ピアミージャパン株式会社は、ブログ検索BlogHeaderが提供するブックマーク共有サービスSocial BookMarksにおいて、WebClips(ウェブクリップス)サービスの提供を開始しました。WebClipsは、検索結果から必要なサイトだけをワンクリックで瞬時に一時保存できる機能です。

インターネット上の音声コミュニケーションの促進を目指す、ピア・ツー・ピア(P2P)音声通信技術会社、PeerMe, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:トム・ラサター)の日本法人、ピアミージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:榮完治、URL:リンク)は、ブログ検索BlogHeader(URL: リンク、以下、ブログヘッダー)が提供するブックマーク共有サービスSocial BookMarks(ソーシャル・ブックマークス、URL: リンク、以下「SBM」と表記)において、WebClips(ウェブクリップス)サービスの提供を開始しました。WebClipsは、検索結果から必要なサイトだけをワンクリックで瞬時に一時保存できる機能です。また、それに合わせてSBMにマルチ検索機能を追加しました。

SBMのWebClipsを利用すると、表示された検索結果にチェックを入れるだけで最大50件一時保管できます。(注:WebClipsを利用するにはアカウントの登録[無料]が必要です。)一時保管されたデータは検索キーワードごとに分類されて表示されますので、色々なキーワードで検索したものを一時保管しても簡単に探し出すことができます。検索キーワードも保存されているので、再検索も容易に行え、最新情報の追加も可能です。ログアウトしても一時保管データは保存されるので、とりあえず検索して興味のあるサイトを一時保管しておき、後でゆっくり閲覧することができます。また一時保管データの中で気に入ったものがあれば、SBMにブックマークとして登録することもできます。WebClipsはブックマークレットのような設定が必要ないので、どなたでも気軽にご利用いただけます。

SBMのマルチ検索機能は、様々な検索を1つの検索窓から行えるサービスです。検索対象を切り替えるには、検索窓の下にある検索対象一覧から検索対象にしたいものを選択するだけです。マルチ検索機能で対象にできるのは、ブログヘッダーのブログ検索、Yahoo! Japan (R) のAPIを利用したウェブ検索、米国のYouTube (R) のAPIを利用した動画検索、SBMに登録されたブックマークのタグ検索です。

WebClipsサービスとマルチ検索のまとめ

WebClipsの特徴:
1. 検索結果から選択したものだけを一時保管できます。(注:WebClipsを利用するにはアカウントの登録[無料]が必要です。)
2. 最大50件まで検索結果を一時保管でき、ログアウトしてもデータは保持されます。
3. 一時保管データは、検索キーワードごとに分類されて表示されます。
4. 一時保管データから必要なものだけをSBMのブックマークに追加できます。
5. 検索キーワードも保存されるので、再検索が容易に行え、最新情報を簡単に追加できます。

マルチ検索機能の特徴:
1. ラジオボタンで検索対象を簡単に切り替えできます。
2. ブログヘッダー独自のブログ検索ができます。
3. Yahoo! Japan (R) のAPIを利用したウェブ検索ができます。
4. 米国のYouTube (R) のAPIを利用した動画検索ができます。
5. SBMに登録されたブックマークのタグ検索もできます。

ブログヘッダーは、これからもユーザーが情報を共有できる場を提供するために、様々なサービスを提供してまいります。

スクリーンショットのURL: リンク


連絡先:

吉井 良介
ピアミージャパン株式会社
(03) 3288 5320 (Tel)
(03) 3262 3598 (Fax)
yoshii@peerme.jp

用語解説

PeerMe Inc.について
2004年に設立されたPeerMe Inc. (www.PeerMe.com)は、カリフォルニア州マウンテンビュー、東京、韓国、中国、インド、ブルガリア、テキサス州オースティンに事務所がある国際的な独自のピア・ツー・ピア通信技術会社です。PeerMeはVoice over Internet Protocol (VoIP)でPC間、PCと携帯端末間において、インターネット接続を介した音声通話、インスタント・メッセージ、ファイル転送を提供するピア・ツー・ピア・プラットフォームを開発しました。PeerMeのビジョンは、ウェブを音声対応にすることを通して人々の繋がりをインターネットに導くことです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。