お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

横浜2期ビル新センタ 開設について

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(社長:太田幸一、本社:東京都江東区 レインボータウン)は、このたび横浜センタ2期ビルに新センタを開設いたしました。

 富士通エフ・アイ・ピー株式会社(社長:太田幸一、本社:東京都江東区 レインボータウン)は、このたび横浜センタ2期ビルに新センタを開設いたしました。

 ITアウトソーシングは従来情報システムの運用コストの削減が大きな目的と
されてきましたが、今日ではこうした目的以外に、データのバックアップやディ
ザスタリカバリなどの災害対策、個人情報保護法の施行に伴うセキュリティ強化
などへの需要が高まっております。

 当社では2002年5月に横浜センタを開設以来、順調にアウトソーシング
サービスを拡大してまいりましたが、さらなる需要に対応するため、このほど
2期ビルに新センタを開設いたしました。
 新センタの面積は約8,000㎡で、横浜センタの面積は従来とあわせ
約12,000㎡の規模となります。設備面ではハイレベルな安全対策に加え、
手のひら静脈認証や伴連れ防止、RFIDを利用した媒体管理、不正持ち出し
防止など、最新鋭の装置を設置し、セキュリティについても万全の対策を施して
おります。

 当社は現在、全国に13センタを配置しており、これらのデータセンタでシス
テムの企画から設計・構築・運用・保守などすべてのフェーズでサポートする
トータルアウトソーシングサービスをご提供しておりますが、このたびの新
センタ開設により、お客様の事業継続性、コンプライアンス強化などのニーズに
お応えする万全な体制を整え、富士通エフ・アイ・ピーならではのサービスを
ご提供してまいります。

1.横浜センタ2期ビル新センタについて
(1)基本設備について
     当センタは、センタニーズの多様化への対応を図るため、次のよう
    な設備を備えております。
    ・自家発電装置(自家発電装置の多重構成とオイル備蓄により無供給
            でも数日間の稼働が可能)
    ・超高感度煙センサ(マシンルーム内の空気を監視し、火災事故の
              前兆を検知)
    ・窒素ガス消火設備(地球環境を損なわない消火設備を採用)
    ・電源の二系統引き込み
    ・回線設備の二系統引き込み
    ・広域災害対策
    ・災害時の緊急地震速報システム
    ・事業継続のための安否確認/スタッフ招集システム
    ・ディザスタリカバリシステム
    ・高集約化サーバへの環境対策設備
    ・エアシャワーや静電気除去マットによる埃・静電気防止
    ・ラック内環境モニタリング等による熱対策
    ・空調環境の強化

(2)セキュリティ対策について
    当センタは、さらなるセキュリティの向上を目指すため、次のような
   セキュリティ対策を行っています。

 <セキュリティ区画の強化>
   ・利用目的に応じたセキュリティレベルの設定と管理・監視システム

 <入退管理設備>
   ・認証精度の高い手のひら静脈認証装置
   ・金属探知ゲートによる機器の持ち込み・持ち出しチェック
   ・赤外線センサによる伴連れ防止

 <データ保護・情報漏えい防止>
   ・RFIDを利用した媒体管理と不正持ち出し防止システム
   ・CWATによる内部からの情報漏えい、不正アクセス等の防止

2.会社概要
  富士通エフ・アイ・ピー株式会社
   ・本 社 : 東京都江東区青海2丁目45番 タイム24ビル
   ・社 長 : 太田幸一
   ・設 立 : 1977年
   ・従業員 : 2,504名(2005年12月末日現在)
   ・資本金 : 20億円
   ・売上高 : 845億円(2004年度)
   ・ホームページ:リンク

3.お問い合わせ先
  富士通エフ・アイ・ピー株式会社
   ・Phone : 03-5531-5111 (総務部)
         044-753-4511(アウトソーシングビジネス推進部)
   ・E-mail : press@fip.fujitsu.com


                                    以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。