logo

東京ビジネスソリューションと Fiorano Software、SOA ソリューションの提供で戦略提携

東京ビジネス ソリューションとFiorano Software, Inc.は、サービス指向アーキテクチャ (SOA) の分野においてソリューションの提供、コンサルティング サービス、マーケティングで協業し、日本における SOA ソリューションの普及、エンドユーザーへのサービス拡充を推進します。

株式会社東京ビジネス ソリューション(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤正造、以下:東京ビジネスソリューション)と Fiorano Software, Inc. (米国:カリフォルニア、CEO: Atul Saini、日本オフィス: 東京都千代田区、以下:Fiorano Software)は、サービス指向アーキテクチャ (SOA) ソリューションの分野において Fiorano SOA プラットフォームをベースとしたソリューションの提供、コンサルティング サービス、マーケティングで協業し、日本における SOA ソリューションの普及、エンドユーザーへのサービス拡充を推進すると、本日発表しました。

今日、ビジネス環境の急激な変化に迅速に対応できる柔軟な IT 基盤が強く求められています。昨今の SOA に寄せられている期待は、まさにこのような要望によるものです。しかしながらこの実現には、SOA を支える優れたプラットフォーム製品、既存システムを破棄するのではなくそれを活かしながら SOA という新たな基盤に移行していくための高度なノウハウ、業務プロセスのモデル構築という戦略立案力、高い設計力が必要となります。

今回の協業は、Fiorano Software が新たにリリースした Fiorano SOA 2006 プラットフォームの基盤上に、東京ビジネスソリューションが培ってきた製造ライン制御システム、生産管理システム、流通システム、金融システムなどの業務プロセス構築、システム設計、システム運営のノウハウを活かしてこれらの業務別 SOA ソリューションを日本市場に提供することを目的としたものです。



 今回の両社の協業によって、主に以下のことを実施いたします。

1.東京ビジネスソリューションは、Fiorano SOA 2006 プラットフォームを基盤としたシステム設計、業務プロセス モデリングなどに関するコンサルティング サービスを製造、流通、金融の分野向けに提供し、順次他の業界にも展開していきます。

2. 東京ビジネス ソリューションと Fiorano Software は協同で、日本市場で拡充が望まれている業務プロセスのモデリング、既存システムから SOA ベース システムへの移行方法論の確立を図り、東京ビジネス ソリューションはその成果をコンサルティング サービスとして提供していきます。

3. 東京ビジネス ソリューションと Fiorano Software は協同で、マーケティング活動、セミナー活動などを行い、SOA 関連技術の啓蒙と活性化を推進します。


■関係者のコメント
東京ビジネスソリューション
代表取締役社長 加藤 正造:
『バブル崩壊後の1990年代から多様化するサービスが求められるようになり、この変化に伴いこの業界においても、オープンシステム化・IT革命と進化を遂げてきました。そうした背景の中で、私どもはお客様の様々なニーズに応える為、より高い付加価値を求めたSIerを目指してきました。将来を見越したサービスを迅速かつスピーディーな対応で提供していかなければなりません。そこで、今回のFiorano Software社との業務提携を結び、お客様へのサービスの更なる向上を図っていきます。』

東京ビジネスソリューション
ソリューション事業部 事業部長 石黒 昭人:
『多くの企業がもつ様々なシステム、例えば工場の「生産実績システム」と本社の「販売、受注、生産管理、会計システム」などの連携には多大な労力・時間・コストを費やしていました。私どもは、Fiorano Software, Inc.の、SOA ソリューションの提供により、開発期間の短縮、開発・運用・管理コストの削減、既設システムとの柔軟な連携などのサービスを実現します。』


Fiorano Software
CEO 兼 CTO Atul Saini
『Fiorano は、戦略的なパートナーシップがたいへん重要な成功要因であることを充分に認識しております。また、東京ビジネス ソリューションが、高い品質をもって様々なサービスを提供していくための資質を備えたソリューション ベンダーであると確信しております。Fiorano SOA プラットフォーム上に付加価値の高い SOA ソリューションを構築していく高い技術力を東京ビジネスソリューションは有しており、日本の企業に革新的な SOA ソリューションを提供していくために欠かせないパートナーであります。』

Fiorano Software
日本オフィス オペレーション マネージャ 青島 茂
『インテグレーション用ミドルウェア製品を提供しているベンダーにとって、お客様の実業務の課題を解決するソリューションを組み上げていくことは、その製品がいかに優れたものであっても、ときには不可能なほど難しいものです。今回の東京ビジネス ソリューションとのパートナーシップによって、Fiorano の SOA 基盤の上に日本の個々のお客様に則した SOA ソリューションを構築していくことが可能となり、日本市場への大きな貢献ができるものと喜んでおります。』

用語解説

Fiorano SOA 2006 プラットフォームについて
『Fiorano SOA 2006』プラットフォームは、SOA ソリューションを簡単かつ迅速に構築するための包括的な機能とサポートを有した製品です。

Fiorano SOA Platform に含まれる各コンポーネント製品はそれぞれ単独でもご活用いだけますが、複数コンポーネントを組み合わせていただくことで、ビジネスや IT の柔軟性を高め、一方でコスト削減をも実現するなど、豊富な機能セットを持った優れた SOA 基盤となります。Fiorano SOA Platform 2006 には、以下のコンポーネントがあります。

Fiorano ESB 2006
FioranoMQ 2006
Fiorano BPEL Server 2006
Fiorano Business Components and Adapters 2006
Fiorano Process Orchestration Tools 2006
Fiorano BPEL Editor 2006

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事