お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「ブログサービスサイト比較調査2005」を販売開始

~ユーザ意識と利用動向を多角的に分析、各サイトの評価をランキング化~

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原隆志 東京都港区)は、コミュニケーション・プランニングやマーケティング戦略を行う株式会社ビー・エム・エフティー(代表取締役 大橋 正房 東京都港区)が、ブログサービスサイトと利用者の最新動向などについて調査し、レポートにまとめた「ブログサービスサイト比較調査2005」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成18年3月27日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
    「ブログサービスサイト比較調査2005」を販売開始
~ユーザ意識と利用動向を多角的に分析、各サイトの評価をランキング化~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■概要■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原隆志 東京都港区)は、コミュニケーション・プランニングやマーケティング戦略を行う株式会社ビー・エム・エフティー(代表取締役 大橋 正房 東京都港区)が、ブログサービスサイトと利用者の最新動向などについて調査し、レポートにまとめた「ブログサービスサイト比較調査2005」の販売を開始しました。

【詳細URL: リンク


■■ 商品の概要 ■■

◆止まらないブログ人気

ブログ発祥の地、アメリカでは、ブログはすでに一般用語となっています。誰もが記事を公開できる手軽さと、ブログのコミュニケーション機能やブログ向けに提供される関連サービスが受けて、ごく普通の人々から有名なジャーナリスト、多くの著名人や政治家などがブログを利用し、自分の意見や日記などを公開し、既にブログ人気は高まっていました。しかし、アメリカでブログが爆発的に広まったのは、2001年9月に起こった全米同時多発テロのときです。多数のブログ利用者が、この事件に対する意見や感想をブログに投稿したり、なかなか情報の入りにくい現地の有効な情報を共有するためのネットワーク作りに活用されました。その後に起こった戦争に日本が関連したことにより、ブログは2002年後半に一気に日本での人気を得ました。

内容の多くは日記やニュースに対する意見表明などに利用されています。その利用人数は数百万人を超え、今もなお増え続けています。また、ニュース・日記サイトの中でも、手書きやホームページビルダーなどで作成されていたものが、ブログ用ツールでの作成へ移行するケースも多くみられ、ブログ人気が見て取れます。さらに、携帯電話からの写真付投稿等に対応したブログ=MobileBlog、略してMoblog(モブログ)なるものも開発され、ブログ人気はうなぎ上りです。その他にも、企業の広告やアフィリエイトなどに利用されるケースも多々見られ、ブログは今も進化し続けています。

◆ユーザ意識と利用動向を多角的に分析、各サイトの評価をランキング化

読みやすさ、書きやすさ、情報発信力などを兼ね備えたWebサイトとして人気のインターネット上のサービスであるブログ。ユーザの認知度や利用度も高まっており各ブログサービスサイトの提供するサービスも多様化しています。主要なブログサービスサイトとしては「ココログ」「Yahoo!ブログ」「ヤプログ!」などがあります。これまでは無料のサービスが多かったのですが、より機能をの多様化や充実により有料のサービスを実施するサイトも数多く存在します。

本調査では、急速に普及が進むブログサービスについて、ユーザ意識・利用動向を調査しました。認知度、認知経路、開始時期、理解度、更新頻度、発信内容など詳細データが掲載されています。また、各ブログサービスサイトごとの評価とランキングも掲載しております。総合満足度、環境満足度、平均更新頻度、ツール満足度などサイトユーザの特徴がわかり、他のサイトとの比較も可能です。

本調査が今後のブログの発展の一助となれば幸いです。


■■ 資料目次 ■■

1.調査概要
 本報告書のブログサービスサイトシェアについて
 本報告書のブログ利用者および今後意向者について

2.対象者の属性
 対象者の属性:性別/年代/未既婚
 対象者プロフィール:同居家族/子供有無/職業

3.調査結果まとめ
 調査結果まとめ

4.結果の詳細
 1)ブログの認知度と所有有無
    ブログ認知度/所有有無/利用意向
    ブログ認知度
    認知しているブログサービスサイト
    ブログ所有有無
  
 2)ブログ所有者の利用状況と意識
  2.1.現在利用しているブログサービスサイト
    認知・利用・最利用サービスサイト
    最もよく利用するブログサービスサイト
    サイト乗り換え経験有無
    今後の乗り換え意向と継続利用意向
    現在メイン利用サイトの直前に利用していたサイト
    今後の乗り換え意向サイト
    現在メイン利用サイトの直前に利用していたサイト

  2.2.ブログ利用実態
    ブログ開始時期
    ブログ更新頻度
    記事更新にかける時間
    アフィリエイト利用状況
    最利用サイトの利用料金
    ブログの利用に支払ってもよい金額
    ブログでの経験
    ブログで経験したことがあるもの
    お気に入りブログ数

  2.3.利用サイトの重視点と満足点、および利用内容
    ブログサービスサイト選択時の重視度と満足度
    メイン利用サイトの重視点と満足点

  2.4.サイト別プロフィール
    サイト別プロフィール

5.ブログ非所有者のブログに対する意識
 ブログ意向度
 ブログ接触度
 ブログ認知レベル
 ブログサービスサイト認知度
 意向するブログサービスサイト
 ブログサービスサイト選択時の重視点
 ブログに支払ってもよい金額

6.ブログ所有者のブログに関する用語認知状況
 用語認知度

7.ランキングとサイト別のまとめ
 ▼項目別ランキング
   各サイトのランキング一覧
   ランキング
 ▼主要サイトについて
   楽天広場
   livedoor Blog
   Yahoo!ブログ
   goo BLOG
   エキサイトブログ
   ココログ
   ウェブリブログ
   So-net Blog
   OCNブログ人
   アメーバブログ
   ヤプログ!
   Seesaaブログ
   フルーツブログ
   はてなダイアリー
   JUGEM
   ドリコムブログ(旧マイプロフィール)
   FC2ブログ
   ロリポブログ


■■ 調査概要 ■■

▼対象者条件
インターネットを使っている10代以上の男女

▼調査方法
モニターを使ったインターネット調査

▼調査領域
全国

▼サンプル数
合計15,154名(男性:46.2%、女性:53.8%)

▼調査日程
2005年8月


■■ 概要 ■■

商 品 名:「ブログサービスサイト比較調査2005」
発 刊 日:2006年3月
判  型:A4版・136頁
発  行:株式会社ビー・エム・エフティー
調査協力:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
頒  価:
・印刷タイプ(報告書)102,900円
 (税抜98,000円+消費税4,900円)別途税込送料 500円
・CD-Rタイプ(報告書)152,250円
 (税抜145,000円+消費税7,250円)別途税込送料 500円
・印刷タイプ(報告書)+CD-Rタイプ(報告書&ローデータ)2枚組
  238,350円(税抜227,000円+消費税11,350円)別途税込送料 500円

【詳細URL: リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらよりお申し込みいただく形となります。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.co.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。