logo

医療と製薬のRFID市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
2月出版予定です。

製薬市場とRFID技術との連携は2004年に開始した。この市場は、米国食品医薬品局(FDA)、ウォルマートの要請、間近に迫った各州のペディグリー法の施行によって促進され、急成長すると予測されている。サプライチェーン・マネジメント向けアプリケーションよりも、薬品のトラッキングにRFIDを導入するという理由の方が切実である。
ABIリサーチの調査レポート「医療と製薬のRFID市場:医薬品ペディグリーの実現、偽造防止、患者の安全向上」は、製薬会社のRFIDシステム導入を促進する要因とシステムの利点を考察して、現在の市場イニシアチブと主要な問題を詳細に論考している。薬品のトラッキングのほかにもライフサイエンス市場における医療のイニシアチブなどのアプリケーションについても論考し、市場予測を行い、技術査定を記載している。予測数値は、ハードウェア、ソフトウェア、全市場に分類し、2004年-2011年にわたる予測データを地域およびアプリケーション別に提供している。

◆調査レポート
医療と製薬のRFID市場:医薬品ペディグリーの実現、偽造防止、患者の安全向上
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事