お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

航海と航空のナビゲーションシステム

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
10月出版予定です。

現在米国のGPSシステムが使用されており、欧州のGalileoが2008年に使用可能になるという状況の中、GNSS(衛星測位システム)の精度と信頼性は過去最高レベルに達している。同時にディスプレイや電子チャート技術も向上を続け、ユーザーに高レベルの画像を提供する。無線、道路、航路のトラフィックが増加しているため、その有効利用においてナビゲーションシステムが重要な役割を果たす。
ABIリサーチの調査レポート「航海と航空のナビゲーションシステム」は、2004-2012年にわたる航空向け携帯型およびパネル付きGPS受信機と海洋向けGPS受信機の地域別予測を提供している。航空および航海向けアプリケーションで使用されているオートパイロットシステムの世界予測を提供し、現在および今後の海洋および航空市場動向を詳細に論考している。また無人車両規制および経済問題を分析し、今後のGNSS受信機の発展にGalileoが及ぼすであろう影響を考察している。主要な多数の業界参加者のプロファイルを提供している。

◆調査レポート
航海と航空のナビゲーションシステム:航空と海洋のGNSS受像機とオートパイロットシステム
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。