お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

新たなサービスで競争しようとするケーブルオペレータ

大手ケーブルオペレータは、どのようにデジタルテレビ、ビデオ・オン・デマンド、デジタル・ビデオ録画などのデジタルサービス、高品位テレビ、音声電話サービスに力を入れているか?

ケーブルオペレータは、衛星事業者、電話会社、インターネット事業者との競争が激化してきており、双方向サービス、個人向けサービス、電話サービスなどに事業を拡大しつつある。

プローブグループ社の調査レポート「ケーブル事業の将来」では、大手ケーブルオペレータがどのようにデジタルテレビ、ビデオ・オン・デマンド、デジタル・ビデオ録画などのデジタルサービス、高品位テレビ、音声電話サービスに力を入れているかについて議論している。「今後、基本的な映像配信はケーブルオペレータの主要サービスとはならないだろうが、だからといって自分たちが消滅してしまうとパニックになる必要はない。そうではなく、もっと個人向けの音楽、写真、ゲームなどをテレビやコンピュータなどのプラットフォームで楽しむことのできるサービスを提供するようになるだろうということである」と米国キャリア調査を担当するプローブグループ社副社長、Lynda Starr氏はコメントしている。

「顧客に魅力的なサービスを提供するために、オペレータは十分なマーケティングを行い、利用者が希望するコンテンツを注文することに慣れるためにもフリーのトライアル期間を設定したりするべきである。」

プローブグループ社の調査レポート「ケーブル事業の将来」は、ケーブルオペレータはどのように新しいサービスを位置づけているかについての様々な戦略について議論している。高品位テレビ、デジタルテレビ、ケーブルモデム、ビデオ・オン・デマンド、DVR、音声サービスなどの市場予測データも含まれている。このレポートはプローブグループ社が提供する年間サブスクリプションサービス「米国キャリアの戦略と市場(US CSM)」シリーズの一環で、米国通信市場の分析と現状を提供する。

◆調査レポート
米国キャリアの戦略と市場(US CSM)
リンク

◆プローブグループ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。