logo

「shockwave.com AWARD2006」の作品募集を開始

~ タレントの加藤夏希さんほかを審査員に迎えて ~

エンターテインメント・サイト「shockwave.com」を運営するアトムショックウェーブ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:瀬戸浩次郎 <http://www.shockwave.co.jp/>)は、本年で7回目となる「shockwave.com AWARD2006」の作品募集を7月19日から開始することを発表しました。

「shockwave.com AWARD2006」は日本の新しいクリエイターの発掘と育成を目的としたコンテストで、プロ・アマを問わず、短い時間で気軽に楽しめるゲーム、アニメーションやショートフィルムなどのエンターテインメントコンテンツを幅広く募集していきます。

審査員には、加藤夏希さん(タレント・女優)、森川幸人さん(グラフィック系クリエイター)、稲蔭正彦さん(慶應義塾大学環境情報学部教授)の3名を迎え、審査員審査により、受賞作品を選定していただきます。

【審査員からのコメント】
加藤夏希さん(タレント・女優)
今思うと、秋田県出身の私は小学校まで40分位歩いて通っていました。友達の家も距離があって、冬ともなると雪も多く、あまり外で遊ぶ環境がなかったように思います。放送局は少なく、有料で見る DVD は貴重だったので、パソコンで情報を入手して、リアルタイムの情報より少し遅れていましたが、漫画も出てる、ゲームも出てるなんて作品はとても見たくなって、とても貴重なものだったんです。
そして、芸能界でお仕事もアニメとゲームがきっかけなんです、ゲームメーカーのイメージガールに応募して、そこでスカウトされたんです。私はイメージガールになれれば沢山ゲームを貰えると思ったのが動機だったんです。
今回 アトムショックウェーブさん主催の AWARD の審査員として参加させて頂きますが心から楽しみにしています。素晴らしい作品を沢山作って、少女だった頃のように私も楽しませて下さい。

森川幸人さん(有限会社ムームー 代表・グラフィック系クリエーター)
時代はいつも「次の一手」を求めているもんだと思います。 今よりも次の「一手」の人になれるようにがんばって下さい。

稲蔭正彦さん(慶應義塾大学環境情報学部教授 政策メディア研究科 メディアデザインプログラムチェアパーソン)
コンテンツは人を魅了し、言葉の壁を越え、心を豊かにしてくれる力を持っています。皆さんの魔法によって創りだされた斬新なコンテンツを楽しみにしています。

本年も昨年同様、「Web エンターテインメント部門」「モバイル エンターテインメント部門」の 2 部門で、ジャンルを問わずにコンテンツを募集いたします。


【コンテスト概要】
■募集作品のテーマ:
Easy!
■応募資格:
1)プロ、アマ、個人、ユニット、年齢、性別、国籍は一切問いません。
2)一人もしくは1ユニットでの複数作品の応募も可能です。
■作品資格:
1) 作品の発表、未発表は問いません。
2) 著作権をご自身で管理できる作品に限ります。作品中に使用した音楽や映像素材などで、第三者の著作権を侵害していないことをご確認願います。
3) 一次審査を通過した場合に以下の権利を許諾いただける作品
a)shockwave.com AWARD2006 開催期間中の、同サイト内(インターネット版、携帯版)への掲出
b) 2007 年 1 月 1 日~ 2007 年 12 月 31 日の 1 年間、アトムショックウェーブおよびオフィシャルスポンサーへ、以下の範囲での非独占的使用
・インターネットウェブサイトなどのインタラクティブ送信メディアによる公衆送信(携帯電話を含む)
・デジタルオーディオプレーヤーのメモリーに複製しての頒布
・CD-ROM・DVDなどの頒布可能なメディアによる頒布
※公序良俗に反する内容の作品、または特定のスポンサーのために制作したCM等は審査対象となりません
■スケジュール:
応募期間: 2006年7月19日~2006年9月30日
審査員審査/一般投票: 2006年11月1日~2006年11月 15日
結果発表: 2006年12月6日~2006年12月27日
■募集部門:
1) Web エンターテインメント 部門
Web 上で楽しむことを目的としたエンターテインメントコンテンツを対象とします。
2) モバイル エンターテインメント部門
携帯電話、デジタルオーディオプレーヤーなどモバイル端末で楽しむことを目的としたエンターテインメントコンテンツを対象とします。
■賞:
グランプリ 各部門1作品  賞金30万円
一般投票賞 各部門1作品  賞金10万円
■選考方法:
1) グランプリ
運営事務局による一次審査を通過した作品に対して、審査員審査により決定します。
2) 一般投票賞
運営事務局による一次審査を通過した作品をshockwave.comサイトに掲載し、一般のユーザーによる投票審査を行います。最も得票数の多かった作品が、一般投票賞に決定します。
■審査員:
加藤夏希さん(タレント・女優)
森川幸人さん(グラフィック系クリエイター)
稲蔭正彦さん(慶應義塾大学環境情報学部教授)
■協力:
株式会社Jストリーム
■主催:
アトムショックウェーブ株式会社
■詳細:
shockwave.com AWARD2006の詳細は以下のURLより
リンク
■問い合わせ先:
一般からのお問合せ先は、運営事務局 (award@shockwave.co.jp)

用語解説

アトムショックウェーブ株式会社について
アトムショックウェーブ株式会社は、ゲーム、アニメーション、ショートフィルムといった、短時間で気軽に楽しめるエンターテインメントコンテンツで、広告、EC、ライセンス、携帯のビジネスを確立しています。同社の運営するサイトshockwave.comは、バラエティー豊かなコンテンツ、200万人のメール配信ユーザーを保有する日本でもトップクラスのエンターテインメントサイトです。同社に関する情報は リンク にてご覧いただけます。

*shockwave.com、AtomShockwaveはAtom Entertainment Inc.社の商標または登録商標です。
*その他の会社名、製品名はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

このリリースに関するお問い合わせ先:アトムショックウェーブ株式会社
担当:桑崎
TEL:03-5469-3840 FAX:03-5469-3841
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。