logo

子どものための海外研修ツアー ハリウッドで「アナログ×デジタル」職業体験

春休みに幼児園児から高校生までを対象とした海外研修ツアーを開催する。ハリウッドでプロによる演技指導や「ハリーポッター」などを制作しているCGスタジオへの訪問など世界トップレベルの職場環境が体験できる。

フューチャーインスティテュート株式会社 2006年02月23日 12時30分

子ども向けマルチメディアスクール「フューチャーキッズ」を運営するフューチャーインスティテュート株式会社は、春休みに幼児園児から高校生までを対象とした海外研修ツアーを開催する。

プログラム内容は、ユニバーサルスタジオ内のレッスンスタジオにて現地インストラクターによる演技指導、表現力指導の受講や「ハリーポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」を担当したCGスタジオの見学ツアーが含まれている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         子ども向けマルチメディアスクール「フューチャーキッズ」
 
             春休み海外研修ツアー2006             

    ハリウッドで世界トップレベルの「アナログ×デジタル」職業体験を開催
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


子ども向けマルチメディアスクール「フューチャーキッズ」を運営するフューチャー
インスティテュート株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:鶴谷武親、
以下、フューチャーと表記)は、春休みに幼児園児から高校生までを対象
とし、異文化体験や国際交流を目的とした海外研修を開催する。

本研修は、フューチャーが毎年実施しているもので、ロサンゼルスを訪問
するのは2004年度に続いて2回目。前回好評だったハリウッド映画産業
での職業体験を参加者たちに提供することを目指したもの。研修には、
日本人インストラクターが全行程同行し、8歳以上であれば、子どものみ
の参加も可能。

本研修は、エンターテイメント・ビジネスの世界最高峰と言える映画の都
ハリウッドにて、トップクラスのプロフェッショナルな仕事にアナログとデジタル
の両面から触れることができるというもの。

プログラムの中には、現地インストラクターによる演技指導、表現力指導を
ユニバーサルスタジオ内のレッスンスタジオで受講することと、「ハリーポッター」
や「ロード・オブ・ザ・リング」を担当したCG(コンピュータグラフィックス)
プロダクションスタジオの見学ツアーが含まれている。

現地でのプロフェッショナルによるレッスンや、CGプロダクションスタジオの見学
などは、個人旅行などでの実現が難しく、世界各国で教室を展開しているフューチャー
ならではのプログラムとして、毎年の海外研修で好評を博している。

⇒リリース全文をお読みになりたい方は下記URLへアクセス下さい。
リンク

-------------------------------------------------------
■□ 春休み海外研修ツアー2006 
-------------------------------------------------------
◆期間:2006年3月27日(月)~2006年4月2日(日) 5泊7日
◆開催場所:ロサンゼルス・ハリウッド
◆対象:幼小学生~中学生とその保護者(8歳未満は保護者同伴)
◆定員:40名(親子20組程度)
◆参加費:子ども:272,000円(税込)
        大人:282,000円(税込)
◆申込み締切:2006年2月28日(火)

◆主催:フューチャーキッズ(フューチャーインスティテュート株式会社)
◆旅行取扱:JTB 日本橋支店

◆お申し込み:
フューチャーキッズ日本本部 海外研修事務局
TEL:03-5466-9311
E-mail:info@futurekids.co.jp
URL:リンク

-------------------------------------------------------
□本ニュースリリースに関するお問い合わせ先
-------------------------------------------------------
■フューチャーキッズ渋谷ラーニングセンター
■担当: 荻原      ■Email: info@futurekids.co.jp
■TEL : 03-5466-9311   ■FAX: 03-5466-9312
■URL:リンク
■東京都渋谷区渋谷1-2-10
-------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事