logo

WSA世界大会審査結果発表

日本代表が入賞!

世界規模のインターネットサイトコンテストWSA(国際連合情報社会世界サミット大賞)の審査結果が発表されました。世界中から選出された約1,000作品の中から、優秀賞として日本代表作品の1つが見事入賞いたしました。
他の作品は惜しくも入賞を逃しましたが、日本代表に選ばれた8作品は一見の価値ありです。
今後の予定も含め、WSA-JAPANにご注目ください!

-----------------------------------------------------
平成17年9月
国際連合情報社会世界サミット大賞
日本代表選考委員会(WSA-JAPAN)
委員長:北岡 有喜
-----------------------------------------------------

◆国際連合情報社会世界サミット大賞(WSA)世界大会結果発表

◇e-Science部門で日本代表“JSTバーチャル科学館”が入賞!◇

▼結果発表はこちら
リンク

WSA世界大会は9月3日~10日、バーレーンにて審査が行われ、世界168カ国・約1,000にも及ぶノミネート作品の中から8部門ごと各5作品の計40作品を優秀賞として選出。
e-Science部門で日本代表“JSTバーチャル科学館”が入賞しました!

11月にはチュニスにて各国の要人を招いてWSIS(国際連合情報社会世界サミット)が開催されます。
入賞作品はその期間に開かれるWSA展示会に出展の権利が与えられ、WSAの祝典(11月16日)では世界代表として発表されるなど、全世界から注目されるまたとない機会を得ることになります。


▼受賞作品
□e-Learning部門
“Stagework”(イギリス連合王国)
“E-Blocks”(ブラジル)
“Nature Park Kopacki rit”(クロアチア)
“Advanced e-Learning Objects”(ルーマニア)
“Digital Literacy Program(PAD)”(アルゼンチン)

□e-Culture部門
“Aram Khachaturian: Work and Life”(アルメニア)
“Paris, a Roman City”(フランス)
“Lakota Winter Counts”(アメリカ合衆国)
“Eternal Egypt”(エジプト)
“The Victors: Soldiers of the Great War”(ロシア)

□e-Science部門
“JST Virtual Science Center [JST バーチャル科学館]”(日本)
“Edumedia”(フランス)
“Fauna.hr”(クロアチア)
“Cape Farewell”(イギリス連合王国)
“Virtual Science Museums of China”(中国)

□e-Government部門
“Brisbane City Council Green Home”(オーストラリア)
“Municipality Meeting Online”(オランダ)
“Directgov”(イギリス連合王国)
“Bahrain eVisas”(バーレーン)
“Vancouver. ca”(カナダ)

□e-Health部門
“Mediline Plus”(アメリカ合衆国)
“Contraception Awareness Project”(カナダ)
“Underworld”(オーストラリア)
“Internet Access to Patient Healthcare Information”(チェコ共和国)
“Sisu Samarakshak”(インド)

□e-Business部門
“Jotun Professionals Network”(アラブ首長国連邦)
“Web Telegram”(チュニジア)
“Artisanal Shoping”(モロッコ)
“Daft.ie”(アイルランド)
“Tianfu agriculture Information Network”(中国)

□e-Entertainment部門
“dvd-kids”(アイスランド)
“Kids. net”(アルゼンチン)
“Gulliver’s World”(オーストリア)
“Mole’s trip”(チェコ共和国)
“BBC One Music”(イギリス連合王国)

□e-Inclusion部門
“Children @Hospital”(フランス)
“Using ICTs for social Inclusion”(グアテマラ)
“Womengateway”(バーレーン)
“Web Content Translation Engine(English to Arabic)”(クウェート)
“Deaf Planet”(カナダ)

■◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 WSAとは?WSA-JAPANとは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■◇
WSA (World Summit Award:国際連合情報社会世界サミット大賞)とは深刻化するデジタルデバイド(情報格差)およびコンテンツ(情報の内容)格差を世界規模で是正するため、国連がWSIS (World Summit on the Information Society:国際連合情報社会世界サミット) 2003-2005の一環として承認する世界規模のインターネットサイトコンテストです。

▼World Summit Award(WSA)公式サイト
リンク

▼World Summit on the Information Society(WSIS)公式サイト
リンク

WSA-JAPAN(World Summit Award Japan:国際連合情報社会世界サミット大賞
日本代表選考)は今回で2回目となるWSAの日本予選として、開催されました。
総計125のサイトから応募があり、インターネット知識に長けた総12名の
選考委員による厳正な審査の下、8部門各1サイトの優秀作品を選定いたしました。

今回世界大会で入賞された”JST バーチャル科学館”はもとより日本代表サイトはいずれも創造性豊かなすばらしい作品です。日常で利用しているインターネットサイトとは一味違った世界をのぞいていただけます。

■◇・・・・・・・・・・・・・・・

日本代表最優秀サイト

・・・・・・・・・・・・・・・・■◇

▼結果報告はこちら
リンク

▼英語サイト上でも、日本代表に選ばれた優秀作品を紹介しています。
リンク

・ e-Learning
『MATHCOMICS.com』  リンク

・ e-Culture
『メロウ伝承館』  リンク

・ e-Science
『JSTバーチャル科学館』  リンク

・ e-Government
『日本改革前線マップ』  リンク
 リンク(英語版)
・ e-Health
『病院の通信簿』  リンク

・ e-Business
『愛きもの』  リンク

・ e-Entertainment
『Houyhnhnm フイナム』 リンク

・ Special Category:e-Inclusion
『どこでも博物館』
リンク(東京丸の内版)
リンク(尾道版PCサイト)
リンク(英語版)

◆11月25日(金)13:00より、キャンパスプラザ京都にて
最優秀作品の受賞式を兼ねたシンポジウムが開催されます。
シンポジウムではご協賛いただいた企業の方々と選考委員会委員による
パネルディスカッションも行われます。
こちらにもご注目ください。



【本件に関するお問い合わせ】
独立行政法人国立病院機構 京都医療センターのご協力を得、
同センター内にて平日朝11時から夜6時まで、関係各所への
交渉・問い合わせ対応などを行っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WSA-JAPAN
(国際連合情報社会世界サミット大賞日本予選選考委員会)事務局
担当:上田
〒612-8555 京都市伏見区深草向畑町1-1 
独立行政法人国立病院機構 京都医療センター内
TEL&FAX:075-641-2271
E-mail: info@wsis-award-japan.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。