logo

ロアグループ社「日本ワイヤレスM2Mビジネスにおける動向と展望 2006年版」レポート出版を発表

このレポートでは日本のワイヤレスM2M市場の事例分析を提供しています。また、UWBやZigbeeなどの関連技術動向を調査、分析しています。

【レポート・ガイドライン】

消費者と人間中心の通信インフラ市場の成熟度が高まるにつれ、日本国内の市場では新しい売上成長のための原動力を探すため、通信キャリアを中心に多角的な試みがなされている。特に既存のインフラを基盤に別途の莫大な投資を行なうことなく、新規加入者を取り込める「法人市場」と、人の数の数十倍に達する機器及び機械にデータ通信機能を付け、機器及び機械間のデータ通信を通じて売上を拡大できる「M2M」市場が脚光を浴びている。

M2M市場は通常、(1)有線ネットワークインフラを基にした有線M2M、(2)セルラーネットワークを基にしたセルラーモバイル(Cellular)M2M、(3)セルラーネットワークと中距離通信技術である無線LAN及びWiMAXそして短距離通信技術であるWPAN(Bluetooth、Zigbee、RFID、UWB)により実現されるワイヤレスM2M市場に区分される。

現在急激に標準化及び商用化が進んでいるWPAN技術はセンサーネットワークという用語とともに日本では注目を浴びており、本レポートではワイヤレスM2M領域の短距離通信技術と解釈した。同技術はそれぞれが持っているさまざまな技術の特性があり、これによりアプリケーション領域において少しずつその違いを見せている。

ROA GroupはワイヤレスM2M市場を4つの領域に区分し、市場予測を行なった。

現在約1,000億円の市場を形成しているワイヤレスM2M市場は、2010年約2兆円の市場を形成するものと予想される。特にASP事業者へ幅広い市場を提供するものとみられ、その理由としては機器及び機械の多様性と活用の多様性により、多数のアプリケーション開発及び提供が活発化すると予想されるためである。


このような急速な市場成長が予想されるワイヤレスM2M市場は、ほかの名称で呼ばれる多くの市場と重複している。特にセンサーネットワーク市場と既存の移動体通信市場の一部データ通信市場と重複する領域が多く、本レポートはこれらをワイヤレスM2Mとして解釈して分析を行なったものである。

今後ワイヤレスM2M市場はバリューチェーン上の多くのプレイヤーの提携及び合併を通じて、さらに加速化するとみられ、さまざまな産業に適用できるという面で既存の通信産業のプレイヤーは勿論のこと、各産業の専門アプリケーション及びプラットフォームプロバイダにとっても絶好の市場機会となると予測される。

レポート目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本ワイヤレスM2Mビジネスにおける動向と展望 2006年版
市場・ビジネスモデル・技術分析
リンク

ロアグループ社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

日本ワイヤレスM2Mの市場予測

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事