logo

年間会員制レポート「携帯電話基地局市場の現状分析と将来予測 Vol2」

 携帯電話基地局は、モバイルキャリアの設備投資の中で最も規模が大きく、かつ重要なデバイスです。にもかかわらず、これまでその市場の実態は、必ずしも明らかにされているとは言えません。そのためMCAでは、携帯電話基地局市場の現状をキャリア、メーカー、エンジニアリング会社など多角的な視点で数量的な把握を目指し、年間会員制レポート「携帯電話基地局市場の現状分析と将来予測」を発刊しました。

 2006年度は、基地局市場を牽引してきたドコモのFOMA投資が一段落するのに対して、新規事業者の1.7GHz帯の基地局の投資が始まるなど、市場が大きく変化を遂げる転換期にあたります。ここで、これまでの携帯電話基地局市場を総括・分析するとともに、ウルトラ3G/スーパー3G、モバイルWiMAXなどの最新動向を踏まえて、今後の市場を予測します。さらに、本企画は、年間会制レポートの形態をとり、携帯電話基地局に関する最新の市場動向を年間を通して追跡し、その分析結果をレポートします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。