お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

3PAR 製品がサービス・プロバイダ業界における標準へ

ユーティリティ・ストレージのリーディングプロバイダ 3PAR は、InServ ストレージ・サーバーの全米および世界規模の大手サービス・プロバイダへの供給により、マネージド・サービス・プロバイダ市場においてその占有率が大幅な増大傾向にあることを本日発表。

3PAR の顧客基盤は拡張を続けており、その約半数は、企業 (B2B) または消費者 (B2C) を対象として情報、アプリケーションまたは IT インフラを提供する。

Gartner による最近の報告書『Managed Storage Pricing and Practices Revealed:2Q06』* では、サービス・プロバイダ業界におけるストレージ・ベンダーの採用傾向について報告されている。同報告書はリンク で参照が可能。

3PAR の顧客である OpSource の場合、3PAR ユーティリティ・ストレージにより、Software as a Service (SaaS) の顧客向けにオンデマンド・ビジネス・モデルの展開が可能になった。OpSource 最高技術責任者 (CTO) ジョン・ローウェル (John Rowell) 氏は、「3PAR ユーティリティ・ストレージは我社のビジネス・モデルに最適です。我社では Optimal On-Demand SaaS (最適なオンデマンド SaaS) のイネーブルメントと配信ソリューションに対して価格を設定し、ソフトウェア会社は必要なときに必要なリソースに対してのみ料金を支払います。3PAR の場合、これと同様の方法で、ストレージ容量を購入することが可能です」と述べている。

3PAR 社長兼最高経営責任者 (CEO) デビッド・スコット (David Scott) は、
「3PAR ユーティリティ・ストレージを利用することで、サービス・プロバイダは各ユーザーに割り当てられたリソースを自動的に最適化できるようになります。その結果、実際に顧客が容量を使用するときに、使用した量に対してのみの料金が請求されます。新規サービスやサービスのアップグレードは、サービス・プロバイダの各顧客に瞬時に配信可能です。ユーティリティ・ストレージを導入したサービス・プロバイダは、いまだに従来型のストレージ環境を利用しているプロバイダに比べ、経済性と競争力の面で大きく優位に立ちつつあります。」と述べた。

関連情報
http://www.3par.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。