logo

消費者向けナビゲーションシステムとデバイス

米国の調査会社ABIリサーチが7月に刊行した最新市場調査レポート
です。

従来、ナビゲーションは日本市場では広く普及していたが、2005年には欧州でも同じくらいに広まった。欧州の消費者もいよいよ、最も人気の高く、しかも安価なリアルタイム交通情報機能を搭載したナビゲーションシステムを購入できるようになったのである。だが値引きのためにコストにも影響が出ており、ODM(Original Device Manufacturers)も市場のコモディティ化の要因になっている。どのベンダが市場をリードし、どのベンダが競争に敗れるのか?市場の差別化を最もうまく利用する企業はどこか?コンシューマーナビゲーション機能の動向はどうなっているのだろうか?
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「消費者向けナビゲーションシステムとデバイス:ポータブル、統合、OEM、アフターマーケットナビゲーションのダイナミクス」は、これらの疑問に答えて、市場全体とナビゲーションデバイスとサービスのサプライチェーンを分析している。また、2011年までのデバイスの出荷台数と市場価格を地域別に予測し、重要なビジネス課題と技術を分析している。

◆調査レポート
消費者向けナビゲーションシステムとデバイス:ポータブル、統合、OEM、アフターマーケットナビゲーションのダイナミクス
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事