モバイル版「Flash Player」の開発中止をどう見る?

2011年11月10日 13時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間11月9日、Android端末やBlackBerry PlayBook向けに提供しているモバイル版「Flash Player」の開発を中止すると発表しました。近々リリースが予定されている「Flash Player 11.1」の開発を最後に、今後はHTML5に注力していくとしています。


 モバイル向けFlash Playerの開発中止は、スマートフォンユーザーをはじめ、通信キャリアやメーカー、コンテンツプロバイダ、開発者、クリエイターなどにどのような影響を及ぼすのでしょうか?パネリストの皆さんのご意見をお聞かせください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    高品質で魅力的な動画,インタラクティブ・コンテンツ,ゲーム等のインタラクティブなWebの世界を一般的にした功績は、非常に大きかった。ひとつの役割を終えたという意味では、お疲れ様でしたと感謝の気持ちでいっぱいです。


    対抗すると言われるHTML5の基本的な考え方は「Webの進化を加速していく」ことにあります。リッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)の世界が当たり前になり、プラグインで提供する機能ではなくなってきた事を考えるとFlashの消滅は自然の流れです。もちろん、Flash終焉を早めたのは、Jobs氏がiPhoneでFlashが使えないようにした事が影響を与えていることは間違いありません。


    ただ、アドビはHTML5と単純に敵対しているわけではなく、HTML5のワーキンググループのメンバーですしHTML5のサポートは以前より表明していました。アドビの経験が、さらにHTMLの進化に寄与することを期待しています。


    Peace out,


    Eric
    2011-11-10 15:40:18
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加