logo

グローバル展開を加速する企業を高品質・高信頼のクラウドで支える

CNET Japan Ad Special2011年11月28日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本企業の海外進出が加速している。新しい拠点を素早く立ち上げるためには、そのためのICT環境を用意する必要がある。また、生産性向上や営業力強化といった観点でも、ICTに求められることは多い。こうした課題に対する解決策として、クラウドへの関心が高まっている。こうした企業の要望に対して、NTTコミュニケーションズは「グローバルクラウドビジョン」を策定。顧客企業に最適なソリューションを提供するための体制整備を推進している。その取り組みの具体的な内容について、NTTコミュニケーションズの金井 俊夫氏にITRのシニア・アナリスト 舘野 真人氏が聞いた。

グローバルクラウドビジョンを推進し顧客の多様な経営課題に対応


ITRシニア・アナリスト
舘野真人氏

舘野 コスト削減だけでなく、ビジネスを変革し加速するための手段としてクラウドが注目されています。そんな期待やニーズに対して、NTTコミュニケーションズはどう対応しているのでしょうか。

金井 当社は2011年10月に、「グローバルクラウドビジョン」を策定しました。その骨子は、当社の強みであるネットワークやデータセンター、サーバー、アプリケーションまでをワンストップ、エンド・ツー・エンドで「グローバルシームレス」に提供することです。さらに付加価値の高いサービスを世界に先がけ展開するために、ITリソースの仮想化だけでなく最新技術を積極的に取り組み、データセンター内とデータセンター間のネットワーク仮想化にも取り組みます。

舘野 「グローバルシームレス」については、どのようなサービスを通じて実現するのでしょうか。


NTTコミュニケーションズ
経営企画部サービス戦略担当
担当部長 金井 俊夫氏

金井 クラウド対応のデータネットワークサービス「Arcstar Universal One」は、その代表的なものです。Arcstar Universal Oneの対象エリアは世界159カ国(※)。国内外をシームレスにつなぐICTインフラを提供することで、お客様の海外展開に伴うニーズに迅速に対応することができます。Arcstar Universal Oneの特長はグローバルで高信頼、広帯域のデータネットワークサービスを提供できること。それを支えているのが、日米間やアジア地域に敷設した高速・大容量の通信ケーブルと世界に126拠点(※)を展開するデータセンターです。これらの強固な物理インフラの上で、シームレスなネットワークサービスを実現します。Arcstar Universal Oneは、弊社のグローバルクラウド基盤にあらかじめ直結されており、クラウドサービスへのアクセス料金はかかりません。また、バックアップ回線を標準装備している点も、特長の一つ。回線の二重化により、お客様の安心感も高まります。

舘野 ネットワーク仮想化の話もありましたが、これについては、どのようなサービスを提供するのでしょうか。

金井 仮想ネットワークは、データセンター内への導入だけでなく、データセンター間へも組み込んでいきます。仮想ネットワークを活用したサービスは、2012年夏をめどにリリースする予定です。これは従来から提供している「Bizホスティング」を更に発展させたイメージです。仮想ネットワークで複数のデータセンターをつなぐことで、あたかも1つの大きなデータセンターとして機能させることができます。つまり、お客様のビジネス拡張に対して、スケーラブルで柔軟なリソースの手当てが可能になるということです(図1)。


図1 NTTコミュニケーションズの仮想データセンター
データセンター内、データセンター間を仮想ネットワークで結ぶことで、ユーザー企業はあたかも1つのデータセンターとして活用することが可能。これにより、高度な拡張性を実現することができる

舘野 同時に、BCP対策としても有効ですね。どこかのデータセンターから別のデータセンターに、システムやデータの移行が容易になるということでしょうか。

金井 特に日本では、BCP対策のニーズが大きいと思います。例えば、災害やパンデミックが東京に発生した場合、グローバルでのネットワークやサーバーの稼働状況やサービスの運用状況を一元的に見える化し、現場に出向くことなく遠隔から対応できれば便利です。そこで、当社は「見える化」や統合的な管理や制御を行うためのカスタマーポータルを整備しています。

舘野 ユーザー企業から、クラウドは目に見えないから不安という声を聞くことがよくあります。クラウド内部の情報を提供するポータルがあれば、見えないという不安を払拭できるでしょう。その意味でも、有効なサービスですね。

-PR-企画特集