logo

インフラウェア社とジャングル、「Polaris Office」の好調を受け日本市場での営業を強化

CNET Japan Ad Special2018年01月31日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 四半世紀にわたり愛用され続けパソコン導入実績第1位を誇る年賀状ソフト「筆ぐるめ」などで知られるジャングル。同社は昨年3月に統合型オフィスソフト「Polaris Office(ポラリスオフィス)」の販売を開始しており、その販売実績も好調に推移しているが、これを受けて、開発元であるインフラウェア社では、両社の業務提携をさらに推し進めるとともに、日本市場での営業を強化すると発表した。


Infraware Inc.
Haeseok Lee CEO

 「Polaris Office」は、Microsoft Office と比較しても遜色ない操作性と強力な互換性を備えながら、導入コストを低く抑えられるのが特徴の統合型オフィスソフト。全世界で9億台以上ものインストール実績を持つこの製品は、文書作成「WORD」、表計算「SHEET」、プレゼンテーション「SLIDE」に加え、PDFドキュメントの変換・編集・閲覧に対応した「PDF」の4つの機能を搭載している。


 昨年3月に全国の量販店及びECサイトから販売を開始するや、ユーザーからの高い評価を得ながら着実に認知度が向上し、目標販売数を超えるまでとなった。

 販売初年度における日本市場での成功を受け、インフラウェア社ではさらなる市場拡大を2018年度の最大目標として据えており、法人需要を喚起していく予定だという。

 インフラウェア社の代表、Miles H. LEE氏は「今後も、日本のユーザーのニーズにさらなる対応を続けながら、市場を開拓して行きたい」とコメントしている。

Polaris Office (ポラリスオフィス)
強力な互換性を備えるドキュメント作成ツール

Microsoft Office Word、Excel、PowerPoint、PDF、ODF、TXTなど、さまざまなドキュメントとの強力な互換性を備えています。

商品詳細はこちら

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]