logo

業務システムにも安心して利用できるクラウドへ--災害対策や価格改定で新たな普及段階を狙うニフティクラウド

CNET Japan Ad Special2012年08月29日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サブスクリプション付きRed Hat Enterprise Linux

 従来から、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)はニフティクラウドのサーバーOSとして使用可能だったが、サブスクリプションを利用企業が別途契約する必要があり、管理がやや煩雑だった。しかし今回、ニフティクラウドでサブスクリプション付きRHELを購入できるようになったことで、利用者は、課金等をニフティ一本に集約できるほか、ニフティから一次サポートを受けることもできるようになった。「問い合わせ等もニフティに対してワンストップで可能です。RHELは業務システムにおいてシェアの高いOSなので、お客様のクラウド利用が加速すると予想しています」(渡邊氏)

【POINT 3】

 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の管理運用をワンストップで実現できる。

ロードバランサー

 ニフティクラウドは以前からコンテンツ配信をしている大規模企業に利用されるなど、エンタープライズユースにも応えてきた。「需要の波が大きいのが、エンターテインメント業界のお客様のシステムの特徴です。ピーク時に発生する膨大な量の通信も、サーバーのスペックを高めることで処理できましたが、代わって発生したのがネットワークのボトルネックです。ニフティクラウドではこれまでの上限200Mbpsから一気に拡大し、最大で10倍の2000Mbpsまでをご用意します」(渡邊氏)

【POINT 4】

 大容量データも余裕な、最大2ギガbpsのネットワークまでをご用意。

価格面でもより使い易くーサーバーやディスクの値下げや多数のオプションを無料化

 機能拡充と併せて注目したいのが、9月1日付で行われる価格改定だ。たとえばスモールスタートに最適な「mini」プランは7875円(税込)から5040円(税込)へ36%の価格ダウン。「小規模システムではクラウドを導入したいと考えていても、そのコストが最大の利用障壁でした。miniをエントリープランと位置付けていますので、より気軽にお使いいただけると考えています」(渡邊氏)

 増設ディスクの価格も「Disk200」では10500円から5250円へ、50%の値下げだ。これにより旧価格のまま、ディスクを2台使う冗長構成をつくることができる。システムの信頼性向上や災害対策が一段とやりやすくなるだろう。ニフティクラウドストレージも最大1ギガバイト42円から11.55円へとお値ごろ価格に改められるため、大規模データのバックアップなどを行う利用企業にとって、大容量データをクラウドに置いても合理的なビジネスプランを立てやすくなる。

 また、同社のシステムの魅力として、豊富なオプション機能があげられる。「これまで有料だった一部のオプションも無料化しました。ご用意している豊富な機能を積極的にお使いいただき、管理や運用を効率化してほしいと考えています。例えば、利用頻度の高い『ファイアウォールの基本料金』『サーバーコピーの操作』や『料金明細機能』が無料になります。クラウドを導入する際に、基本のプランに加え、必要なオプションを追加すると結果的にコストが膨らんでしまうというケースを耳にします。今回の価格改定では全体としての値ごろ感の中で、オプションをわざわざ購入しなくて済むよう、バランスを意識して値段設定をしています」(渡邊氏)単なる値下げではなく、顧客の声に耳を傾け付加価値の高いサービスを提供し続けているのがニフティクラウドの良さだといえる。

【POINT 5】

 導入コストの障壁だったディスクの価格は一気に50%オフとなっている。ディスクの冗長化や二重化により、システムの耐障害性を大幅に向上させることが可能だ。

 装置を分けた2系統のディスクで冗長化を行えば、パブリッククラウドの信頼性をユーザー自身で担保でき、今まで以上に安心度の高いシステムを構築できるだろう。

3万円分までニフティクラウドが使い放題!性能の体感や移行検証を

 オンプレミスとクラウドの使い分けがこれからのシステム運用のポイントになる一方、複数のクラウドサービスをいかに上手く併用するかも課題となる。「ニフティクラウドの性能を、実際の利用を通じて体感していただきたいと考えています。また、既存システムの移行が可能かどうか検証もしていただきたいと考えています。そのために、3万円分値引きになる『新規申込特典』を用意しています」と渡邊氏は話す。

 使い比べた結果、性能と使い勝手の良さ、コストパフォーマンスの高さなどでニフティクラウドを選ぶ企業は多い。クラウドを検討しているならば、まずは『新規申込特典』を利用して、スモールスタートしてみてはいかがだろうか。実際に触れてみることで、ニフティクラウドのメリットを実感できるだろう。

ニフティクラウド「新規申込特典」はこちら

価格改定・新機能リリース詳細資料と、ニフティクラウドのサービス内容について

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]