logo

【電子帳簿保存申請のススメ in 東京 】元国税局情報技術専門官 袖山税理士ご登壇!

2019年9月11日 (水)
[ セミナー ] 日鉄日立システムエンジニアリング株式会社

開催場所:東京

開催日:  2019年9月11日

申込締切日:2019年9月9日 (月)

【電子帳簿保存申請のススメ in 東京 2019】
元国税局情報技術専門官 袖山税理士ご登壇!電帳法申請と税制改正のポイント解説

令和元年度の税制改正では、電子帳簿保存法の承認申請について、公益社団法人が認証したソフトウェアを使用する場合は申請手続を簡素化するなど、様々な規制緩和が盛り込まれました。

また、今年10月から消費税の軽減税率導入、令和3年には大規模法人の電子申告(e-Tax、eTLAX)義務化、令和5年には消費税インボイス制度の導入と、電子化対応すべき税制改正が目白押しです。

さらに、電子取引では安全かつ確実な電子データ保存のための制度設計の検討も開始されています。

そこで、本セミナーでは元国税局情報技術専門官の袖山税理士をお招きし、電帳法申請を検討される企業様に向け、制度の留意点や関心が高い分野について解説していただき、同法申請に活用できる弊社の製品Paples(パピレス)によるペーパーレス化の事例と具体的なメリットなどを合わせてご紹介します。

今回も、電帳法申請の準備・考え方などについて同法申請対応の第一人者である袖山税理士に質問できるセッションもご用意! 同法申請をご検討中の担当者様はぜひご参加ください!

<主に対象となる部門>
・財務、経理、経費、システム部門の方
・税制改正対応、ペーパーレス化推進、文書管理、電子帳簿保存申請、e-文書法対応、電子取引、証憑文書のスキャナ保存などをご検討中のご担当者様

<こんな方におススメ>
・電帳法申請を検討している、今後検討するために情報収集している。
・税制改正対応と各種システムへの影響について詳しく知りたい。
・文書管理の見直し、ペーパーレス化を推進したい。
・基幹帳票を電子保管/電子活用し、働き方改革や業務効率化を推進したい。

◇会場◇
AP東京丸の内
東京都千代田区丸の内1丁目1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階
・丸の内線・千代田線・東西線・半蔵門線・三田線 「大手町駅」 D6出口直結
リンク

◇プログラム◇
13:30-14:00 会場受付
14:00-14:05 ご挨拶

<14:05-15:25 セッション1>

◇専門家が詳説!令和元年度改正ポイントと今後の電子化最新動向
SKJ総合税理士事務所 所長・税理士 袖山 喜久造 氏

令和元年度改正となったスキャナ保存制度の留意点や、今後の電子取引で注目されているなりすまし防御対策などについて、国税局調査部にて長年にわたり大規模法人の法人税調査を担当され、情報技術専門官として電子帳簿保存法審査・相談の経験も豊富な袖山喜久造税理士により、詳しく解説していただきます。

15:25-15:35 休憩および電子帳簿保存法に関する質問の受付

<15:35-15:50 セッション2>

◇Paples(パピレス)がカバーする電子帳簿保存法の要件
NHS 一級文書情報管理士 下橋 一輝

統合電子帳票基盤「Paples(パピレス)」を活用した帳簿・書類・スキャナの電帳法申請サポートサービスの内容や、スキャナ保存機能のデモンストレーションをご覧いただきます。

<15:50-16:15 セッション3>

◇当社コンサルタントが解説!ペーパーレス化の具体的なメリット
NHS 電子帳簿保存法申請コンサルタント・上級文書情報管理士 梅原 淳

文書情報管理士や文書情報マネージャーの有資格者が多数在籍する当社のコンサルティングサービスを受け、ペーパーレス化を実施した企業様の事例を基に各企業が得たメリットを具体的に解説します。

◇16:15-16:45 袖山税理士への質問に対する回答・解説他

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]