logo

電子署名・認証、タイムスタンプ普及増進セミナー

2015年3月24日 (火)~
[ セミナー ] NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

開催場所:東京

開催日:  2015年3月24日

電子商取引や電子申請などインターネットを利用した情報のやりとりを安心・安全に行えるよう、電子署名・認証、タイムスタンプの仕組みやメリットについての理解を深めていただくためのセミナーを開催いたします。

■13:30<開場・受付開始>

■14:00~14:05<開会のご挨拶>
  総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報セキュリティ対策室

■14:05~14:40<セッション1>
 CA/Browser Forumの最新動向報告
CA/Browser Forumは、電子証明書を使った通信の安全性やその利便性を向上させるためのガイドラインを策定している任意団体で、会員には、認証事業者以外にも、マイクロソフト社やグーグル社などが入っています。直近3月に開催されたCA/Browser Forumでの議論の最新動向をご紹介します。

■14:40~15:15<セッション2>
 ダウンロード方式を狙った電子証明書等を窃取する攻撃の動向について
電子証明書等の配布方法として、事業者側で鍵ペアの生成と電子証明書の発行を行い、利用者が同事業者が運営するウェブページにアクセスして、そこから電子証明書等のファイルをPKCS#12形式でダウンロードする方式が採用されています。当該方式を狙った攻撃の手口や当該方式が狙われる背景等について、解説します。

■15:25~16:00<セッション3>
 マルウェアに狙われるPKI
電子証明書とその秘密鍵を狙うマルウェアが日本国内でも複数観測されています。
感染した場合、どのような不正活動が行われるのかについて解説します。

■16:00~16:20<セッション4>
 平成27年度税制改正大綱における領収書保存等の規制緩和の概要
平成27年1月14日に閣議決定された「平成27年度税制改正大綱」において、「税務関係書類に係るスキャナ保存の見直し」が示されています。国税関係書類のスキャナ保存について、これまでの要件との差異を説明し、併せてタイムスタンプを巡る最新の動向を解説します。

■16:20~16:40<セッション5>
 見易く、覚え易い、次世代トークンレス・ワンタイムパスワード
世界で豊富な実績のあるトークン不要のワンタイムパスワード。更にセキュリティ強度の高い2要素認証環境も簡単、手軽に低コストで実現。これまでのトークンレスOTP製品とは違い、ユーザが覚えている4~10桁のPINと認証毎に生成されるセキュリティストリングスやピンパッドを対応させてOTPを生成しますので、非常にユーザフレンドリで、管理者の工数もかからないのが特長です。

■16:40~17:00<質疑応答・相談会>