logo

最後のチャンス!今からできるWindows Server 2003 EOS対策!

2014年12月4日 (木)~
[ セミナー ] 株式会社日立システムズ

開催場所:東京

開催日:  2014年12月4日

最後のチャンス!今からできるWindows Server 2003 EOS対策!
第11回ハイブリッドクラウド活用セミナー

Windows Server 2003 EOSの問題解説、具体的な対策方法、その後のポイントまで!
期限が迫り、いよいよ時間がなくなってきているWindows Server 2003 のサポート切れ対策。まだ検討が終了されていないお客さまはもちろん、Windows Server 2003の継続利用を予定されているお客さま向けに、セキュリティの問題や最終的な本番移行のお話まで、クラウドの活用方法を交えて紹介します。

対象者
・Windows Server 2003の対策を検討中のお客さま
・継続利用の予定だが、セキュリティが不安なお客さま
・その後の移行方式を決めかねているお客さ

開催概要
日程 2014年12月4日(木曜日)15時~17時(受付:14時30分~)
会場 ソリューションスクエア東京 株式会社日立システムズ(品川区大崎1-2-1)
参加費 無料(事前登録制)
定員 50名
主催 株式会社日立システムズ
協力 株式会社日立製作所、トレンドマイクロ株式会社

プログラム
14時30分~15時 受付

15時~15時10分
【イントロダクション】セキュリティ対策でサポート終了を乗り切る!
Windows Server 2003 サポート終了までの残された貴重な時間をどう使いますか?
イントロダクションでは、本日のセミナーのストーリーを紹介します。

15時10分~15時30分
【講演1】サポート終了をきっかけに考えるセキュリティ対策とは!
~セキュリティリスクを放置しない!~
サポート終了対策は、セキュリティ対策と言い換えても過言ではありません。
本セッションでは、サポート終了におけるセキュリティ対策の勘所と計画のポイントを紹介します。

15時30分~15時50分
【講演2】サイバー攻撃からビジネスを守る! 
~事例から考えるセキュリティ対策!~
サポート終了を迎えたOSを使い続けることは、セキュリティリスクにさらされ続けることを意味します。
本セッションでは、セキュリティリスク対策の成功事例から、ビジネスを守る対策ポイントを紹介します。

15時50分~16時 休憩

16時~16時15分
【講演3】2015年7月15日も怖くない!
~暫定対策で「時間を味方にする」!~
セキュリティリスク対策の重要性を理解し計画を立てても、何もできないままサポート終了日を迎えてしまっては意味がありません。
本セッションでは、お客さまの大切な時間を生かす対策のヒントと、当社の「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」を紹介します。

16時15分~16時40分
【講演4】サポート終了対策だけで満足ですか?
~“その後”を見据えて今から動く!!~
セキュリティ対策をしたうえで、Windows Server 2003の継続利用を選択した場合、当面の問題は解決できますが、サポート終了対策はまだ完全には終わりません。その“延長戦”の貴重な時間で何をめざすのか、あらかじめ検討しておく必要があります。
本セッションでは、さまざまなシチュエーションでシステムをクラウド化するメリットに言及しながら、サポート終了対策の“その後”に待っている移行について、クラウドを有効利用した“攻めのWindows Server 2003サポート切れ対策”を紹介します。

16時40分~17時 質疑応答・アンケート

17時~ クラウド モヤモヤ相談ラウンジ(参加希望者のみ)

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

「クラウド モヤモヤ相談ラウンジ」同時開催!!
クラウド導入に関するモヤモヤをスッキリ解消! クラウドの快適な旅へとご案内します
クラウド導入へのモヤモヤとした疑問、不安がハードルとなって、導入に今一つ踏み切れないということはありませんか?「クラウドモヤモヤ相談ラウンジ」は、そんなお客さまの強い味方となる、クラウド導入に関する無料相談窓口です。
クラウド導入に関する素朴な疑問、質問から、テクニカルな相談まで、当社の経験豊富な相談員がアドバイスさせていただきますので、本セミナーと併せて是非ご参加ください。

クラウド モヤモヤ相談ラウンジの詳細はこちらリンク

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み
株式会社日立システムズ ハイブリッドクラウド活用セミナー事務局
担当:小熊(おぐま)・越川(こしかわ)
TEL:03-5435-7684
Mail:seminar.tm@ml.hitachi-systems.com
お申し込みはこちらからリンク