logo

情報セキュリティ人材育成セミナー~CISSP、SANS、新研修コースのご紹介~

開催場所:東京

開催日:  2014年7月28日

日々進展する情報通信技術(ICT)は、社会基盤として経済や生活に不可欠な存在になっており、ICTを安心・安全に利活用するため、情報セキュリティに関する取り組みが重要視されています。情報セキュリティ向上の推進が図られる中で、それを担う「情報セキュリティ人材」の育成が、重要かつ強化が急がれる課題となっています。こうした背景を踏まえ、これからの日本に必要不可欠である「情報セキュリティ人材」の人材像と育成について、(ISC)2のエグゼクティブディレクター W. Hord Tipton氏から講演いただく機会をご用意いたしました。
セッション3では「CISSP10ドメインレビューセミナー」の一部を実際に体験いただけます。
第二部では、SANSのご紹介や今夏発表予定のセキュリティを基礎から学びたい方のための新研修コースをご紹介させていただきます。


■12:30 <開場・受付開始>
【第一部】


■13:00 ~ 14:00 <セッション1>
『グローバルでの情報セキュリティ人材育成の現状と今後』
米国大統領から政府での業績に対してDistinguished Rank Awardを受賞したTipton氏が登壇します。米国の情報セキュリティ人材育成は勿論のこと、グローバルレベルでの情報セキュリティ人材育成や今後の道筋について講演いたします。

  (ISC)2 Executive Director W. Hord Tipton(W・ホード・ティプトン)
  CISSP-ISSEP, CAP, CISA, CNSS

【講師略歴】
米国政府のITコミュニティにおける中核的な役割を担った貢献としてThe Federal 100や、Distinguished Rank Awardを受賞。2014年には、Careers Info Securityにて、「情報セキュリティのキャリアにおいて影響を及ぼしたトップ10専門家」として名前があがりました。
現在、(ISC)2 のエグゼブティブディレクターとして、組織の将来の方向性や日常の全業務の執行責任を担っております。


■14:00 ~ 14:20 <セッション2>
『(ISC)2と認定資格について』
(ISC)2は1989年、米国での設立以来、情報セキュリティ実務家・専門家に対しての第三者認証として資格開発・提供、教育事業などを通して、人材育成に貢献しているNPO団体です。
本セッションでは、(ISC)2の概要や提供している資格・教育、活動についてご紹介いたします。

  (ISC)2Japan 代表 衣川 俊章(CISSP)


■14:20 ~ 15:50 <セッション3>
『CISSPならこう考える ~最近のインシデントを通して~』 (CISSP体験セミナー)
情報セキュリティプロフェッショナルの共通知識であるCBKを効果的に学習するために「CISSP10ドメインレビューセミナー」の一部をみなさまに体験していただきます。
情報セキュリティプロフェッショナルであるCISSP認定資格保有者が「実務で直面する様々な問題に対してどのような判断をするのか」の一端をご理解いただけます。

  (ISC)2認定講師  S&Jコンサルティング株式会社
  安田 良明(CISSP)


  - - - - - - - - - <休憩 10分間> - - - - - - - - -


【第二部】

■16:00 ~ 16:40 <セッション1>
『SANS Instituteの情報セキュリティ人材育成プログラム』
情報セキュリティトレーニング・認定資格の分野で、SANSは最も信頼されるブランドとなり、欧米はもとよりアジア、中東、アフリカでも講座が開催されています。
座学だけでなく、「実務スキルの向上」にフォーカスし実習をふんだんに取り入れたカリキュラムや、世界でも50人程しかいないトップレベルのインストラクターによる講義は実にユニークです。
本セッションでは、SANSの活動や今年度開催予定のコース概要をご紹介するとともに、研修プログラムの一端をデモを交えながら説明します。現役エンジニアの方、受講を検討している方は必見です。

  (ISC)2認定講師 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
  時田 剛(主任セキュリティコンサルタント、CISSP)


■16:40 ~ 17:10 <セッション2>
『セキュリティの基礎を学びたい方必見!』~新研修コース誕生~
セキュリティについてこれから勉強したいが、何から学んでいいのかわからない、効率よくセキュリティの基礎を学んでいきたい、SANSやCISSPを受けたいがついていく自信がない。そんな不安を抱いている方でも安心して受講できる新しい研修コースをご紹介いたします。
新しい研修コースは、インシデントハンドラー、フォレンジックアナリスト、ペネトレーションテスターの3コースから構成されます。1、2日目は、共通基礎技術研修、3日目は、上記3コースの中から1コースをお選びいただく最大3日間の集合型研修となります。

  NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
  寺村 亮一(セキュリティコンサルタント、工学博士)