logo

「顧客購買行動を高め店舗の売上をUPする決済と債権管理」セミナーを12月13日に開催

2013年12月13日 (金)
[ セミナー ] 株式会社TIプランニング

開催場所:東京

開催日:  2013年12月13日

申込締切日:2013年12月12日 (木)

株式会社TIプランニングでは、「顧客購買行動を高め店舗の売上をUPする決済と債権管理」セミナーを12月13日に開催します。

クレジットカード決済に関わる仕組みにおいては、そのリスク発生の可能性と共にそれを保全する為の債権管理を必要としています。個人情報保護法や割賦販売法の強化によっても、加盟店の責任として債権管理が多く存在します。そこで、債権管理の重要性について解説します。

また、講師は通信販売会社に対して、顧客購買行動と決済の関係をコンサルテーションしており、その極意するセミナーを開催します。

■セミナー内容一部紹介
クレジットカードの仕組みと契約関係
カード会社のリスクと債権管理
加盟店のリスクと債権管理
顧客のリスクと債権管理
不正検知システム
不当要求と債権管理
決済の統計と統計から見る顧客購買行動
決済を使った売上UPの事例

■開催概要
●主催:ペイメントナビ編集部(TIプランニング)
●開催:2013年12月13日(金)
●時間:19時00時~20時30分を予定(受付:18時40分~)
●価格:10,500円(税込)
弊社で直接「カード決済のすべて」を購入した企業は2名様まで7,350円(税込)
※備考に「カード決済のすべて」購入とご記載ください
●最低執行人員(10人)
●会場 中小企業会館(銀座)

セミナー講師プロフィール
●東 弘樹(あずまひろき)
HAZS(ハッツ)株式会社 代表取締役

中央市場の生鮮食品輸入貿易会社から、信販会社、IT会社を経て、2007年独立。通販業界における唯一の少額債権管理コンサルタントとして、大手通販会社を中心に20社以上の実績を持つ。日本ダイレクトマーケティング学会/日本生産管理学会 正会員、情報セキュリティアドミニストレータ。 。日流eコマース『通販における債権管理のポイント』に連載を始め、CCM(コンタクトセンターマネジメント)、 健康ジャーナル、通販通信、ネット通販などに、連載・コラムを提供。通販エキスパート検定2級公式テキスト(通販のバックヤード・決済担当)。

今日の主要記事